芸術学部 芸術学科 美術領域

アートクリエイターコース(陶芸・ガラス)

学べること

学部・大学院芸術学部 芸術学科 美術領域

プラスティックな素材で、世界とつながる方法を探ります。

陶・ガラスともに、わたしたち人間が立ち入ることのできない、人間の手を離れて出来上がる時間を有します。それは主観に頼りがちな表現を客観的視点に誘うメディウムだと捉えます。

やきものは、縄文時代最先端のニューメディアでした。その長い歴史を焼くことで現代を表現できること、またデジタル趨勢の時代にあって、手と道具を用い、アナログな素材を活用してでしか成し得ない可能性を秘めています。

透明に輝く独特な質感のガラスは大変魅惑的です。目的に即した多くの技術を段階的に習得しながら、素材を通してガラスの多様性を学び、自己表現としての更なる可能性を追求します。またガラスクラスを有する本大学は、東海圏で唯一の教育機関です。

両素材ともにプラスティックな素材が故に、わたしたちの表現力を豊かにさせるための感覚を誘う魅力を持っています。アイデアから完成までをプランニングし、素材との応答によって、社会や世界とつながるプレゼンテーションの方法を見つけます。

美術領域トップ