芸術学部 芸術学科 美術領域

アートクリエイターコース(陶芸・ガラス) コース概要

学部・大学院芸術学部 芸術学科 美術領域

時代に触れ、素材に触れる。

ヴァーチャルなものにリアリティを感じる現代。しかし、実感なくして真実は語れません。そして「今」という時代をどのように捉えるか、感覚を解放し思考することなくして活力あるものは生まれないのです。感受性の強いみなさんには、この時代だからこそ可能な表現を全力で試して欲しいと思っています。本カリキュラムでは陶・ガラスといった実材を介在させ、日常から生まれる発想をかたちに変換させていくことに重きを置き、思考・身体・素材の有機的な融合を目指します。つまり表現とは、思いや考え、そして結果をどのようにコントロールさせ変換させていくかという方法を提示することなのです。世界であなただけの方法に出逢った時、紛れもなくそこにはオリジナリティが顔を覗くことでしょう。そんな出逢いの場を私たちは期待しています。

時代に触れ、素材に触れる。どのように思いや考えを実現すべきか、密に対話を重ねながら、時代を横断する、また時代に応答する、そして新しい時代を見据える表現を心と体と頭で探ります。

卒業生の就職先

作家、陶工、ガラス工房技術者、教員、大学院進学などのほか、一般企業での企画・クリエイティブワークなど、幅広い分野で活躍しています。

アートクリエイターコース陶芸 facebookページ


アートクリエイターコースガラス facebookページ

美術領域トップ