芸術学部 芸術学科 デザイン領域

カーデザインコース

カリキュラム

学部・大学院芸術学部 芸術学科 デザイン領域

近年、デザインの領域がグローバル化し、社会へ、産業へ、地域へ、世の中を良い方向へ導くデザイン力が重要視されています。パラダイムシフト(その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること)があらゆる分野で進んでいる現代社会の中で、つねにグローバルに横断的に物事を考える思考を育成する事が求められています。この状況をふまえ本コースでは、単なる製品のデザインに留まらず、社会のあらゆる角度から見つめる視野を養い、様々な問題を発見。それを解決するための創造力、そして実現へのプロセスを学習。新たなライススタイルや地球規模でデザイン提案できるデザイナーを育成していきます。

1年次:ファンデーション

講義、実技の両面から基礎造形力の向上

基礎的な力の養成として、デザインファンデーション教育を導入。幅広いデザイン領域を知り、2年次からスタートする専門実技に備えます。デザイン領域を広げるため、現在活躍されているデザイナー、プランナー、活動家を講師にお迎えして「デザインと文化」の講義など幅広いデザインの世界に触れる事が出来ます。

ReView展
1年間の学びの集大成として、1~3年の学生が作品を展示発表。展示ブースに、全学生が制作した作品を展示する名芸大のデザイン領域の伝統行事。

2年次:デザインプロセスを学習

カーデザインに必要な専門基礎力(物の作り、考えをスケッチで表現、レンダリング、モデリング、図面表現に加え、3次元表現を学びます。プレゼンテーション能力の育成として、コンピュータ演習ではライノセラスを使って3次元立体表現の訓練から3Dプリンターへ展開します。さらにデザイン演習では調査、分析から新たなデザイン提案ができるまでのプロセスの訓練。後期のはより専門性の高い基礎力を育成するため2コースの専門性に特化したカリキュラムを導入し、3年次からの専門研究テーマの展開力の基礎を学びます。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

3年次:日常生活で触れるさまざまなジャンルへのアプローチ

「社会性のあるデザイン」をコンセプトに、カーデザインでは人間の移動手段をより根本的に考え、快適かつ環境を配慮したトランスポーテーションデザインを目指します。 各コース共より専門性の高いカリキュラムを導入。産学協同プロジェクトや学外コンペをカリキュラムに取り入れ、より実践的な能力を育成する指導をします。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

4年次:各種デザイン機関と連携し、卒業制作プロジェクトへ展開

後期から始まる卒業制作に向けて、前期は自ら社会に対して提案すべき問題点を探っていく方法や、グループプロジェクトを導入、自分の力をチームで表現できる進め方を学びます。産学協同プロジェクト、海外姉妹校、インターシップ、大学院など各種デザイン機関と連携しながら、リサイクル、エコロジー、ユニバーサルデザインなどの視点を加え、グローバルな視野でのデザイン教育を実践感覚で学びます。

卒業作品展
4年間の集大成である卒業制作展。愛知美術館ギャラリー、名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋芸術大学西キャンパス(アート&デザインセンター)にて開催されます。

デザイン領域トップ