芸術学部 芸術学科 デザイン領域

メディアコミュニケーションデザインコース

カリキュラム

学部・大学院芸術学部 芸術学科 デザイン領域

1年次:ファンデーション

講義、実技の両面から基礎造形力の向上

〈デザイン実技I〉〈立体造形〉〈デザイン基礎演習〉〈デザイン概論〉〈デザイン史〉〈デザインレヴューI〉といった実技・演習、講義、展示・発表の総合的な内容によるファンデーションに加え、コンピュータ実技や外国語、その他の教養科目を選択して学修します。その上で、年度末のレヴュー展と同時に2年次以降のコース選択に臨みます。

ReView展
1年間の学びの集大成として、1~3年の学生が作品を展示発表。展示ブースに、全学生が制作した作品を展示する名芸大のデザイン領域の伝統行事。

2年次:基本的な表現技法の習得

基本的な表現技法を習得していきます。イメージドローイングを多く描く事で、発想を具現化する基礎力を育てます。写真はデジタル一眼レフ、銀塩大判カメラを用いた撮影、暗室現像作業とパソコン処理を行いアナログとデジタル表現を学びます。版画技法は銅版、木版、シルクスクリーン、リトグラフ技法を使った作品制作。総合的なデザイン力をブックデザイン課題で学びます。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

3年次:伝統的な表現技法を発展させたオリジナル制作

コンピュータを用いWeb、本制作などのデジタルメディアデザインの研究と、2年次に学んだ伝統的な表現技法を発展させてオリジナル作品制作に取り組みます。またグラフィックデザイン(ポスター、パッケージ)も専門的に学びます。自主的制作については、テーマ、コンセプト、プレゼンテーション(展示など)を明確にし、計画性を持って取り組みます。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

4年次:専門分野での研究制作

各々の専門分野での研究制作を行います。前期デザイン実技ではプレ卒制をスタートします。また3年次後期より引き続き就職活動にも積極的に取組みます。

カリキュラム詳細

卒業作品展
4年間の集大成である卒業制作展。愛知美術館ギャラリー、名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋芸術大学西キャンパス(アート&デザインセンター)にて開催されます。

デザイン領域トップ