芸術学部 芸術学科 デザイン領域

イラストレーションコース

カリキュラム

学部・大学院芸術学部 芸術学科 デザイン領域

1年次:ファンデーション

講義、実技の両面から基礎造形力の向上

〈デザイン実技I〉〈立体造形〉〈デザイン基礎演習〉〈デザイン概論〉〈デザイン史〉〈デザインレヴューI〉といった実技・演習、講義、展示・発表の総合的な内容によるファンデーションに加え、コンピュータ実技や外国語、その他の教養科目を選択して学修します。その上で、年度末のレヴュー展と同時に2年次以降のコース選択に臨みます。

ReView展
1年間の学びの集大成として、1~3年の学生が作品を展示発表。展示ブースに、全学生が制作した作品を展示する名芸大のデザイン領域の伝統行事。

2年次:良いアイデアは良い経験から生まれる

イラストコースに来る人は、絵描き職人としての忍耐力をすでに持っています。2年次は、より魅力ある作品づくりのための基礎技術をしっかり習得します。多くの経験をすることによって技術の大切さを知り、良いアイデアを社会に提供できるイラストレーターをめざします。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

3年次:イラストレーションの可能性

前期は基礎からの発展として、広告デザインを実習。ヴィジュアル要素としてのイラスト、グラフィックデザインとしての質・量・アイデアに重点を置いて制作します。後期は作品のオリジナリティの研究とデザイン業界へのプレゼンテーションを行います。さらに展覧会、イベントの企画・運営を行い、イラストの必要性と有効性を追究します。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

4年次:自分の道を見つける

イラストレーション研究、デザイン研究の集大成として、卒業研究作品を制作し展覧会で発表します。長い時間と膨大な労力をかけ取り組むことになるので、強い精神と健康管理が必要になり、卒業制作は本当の自分の仕事の始まりといえます。

カリキュラム詳細

卒業作品展
4年間の集大成である卒業制作展。愛知美術館ギャラリー、名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋芸術大学西キャンパス(アート&デザインセンター)にて開催されます。

デザイン領域トップ