芸術学部 芸術学科 デザイン領域

ライフスタイルデザインコース

カリキュラム

学部・大学院芸術学部 芸術学科 デザイン領域

1年次:ファンデーション

講義、実技の両面から基礎造形力の向上

〈デザイン実技I〉〈立体造形〉〈デザイン基礎演習〉〈デザイン概論〉〈デザイン史〉〈デザインレヴューI〉といった実技・演習、講義、展示・発表の総合的な内容によるファンデーションに加え、コンピュータ実技や外国語、その他の教養科目を選択して学修します。その上で、年度末のレヴュー展と同時に2年次以降のコース選択に臨みます。

ReView展
1年間の学びの集大成として、1~3年の学生が作品を展示発表。展示ブースに、全学生が制作した作品を展示する名芸大のデザイン領域の伝統行事。

2年次:周辺環境、社会へと視線を移し、問題の取上げ方の基礎を学ぶ

パソコンによる編集・プレゼンテーション、情報の視覚化、時代とライフスタイル、形態と価値をテーマとした実技・演習を通して、視線を自分から他者、周辺環境、社会へと移しライフスタイルデザインに必要なものの見方、問題の取上げ方の基礎を学びます。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

3年次:デザインとその他の分野の多様なケーススタディーを体験

書籍編集、イベント企画、製品企画、屋外環境調査、ことばの意味とその展開をテーマとして実技・演習を行います。デザインとその他の分野との境界領域を含めた、多様なケーススタディを体験し、さらに複雑で双方向的、あるいは包括的なデザイン対象に対する研究を展開します。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

4年次:さまざまなテーマと形式で自らのライフスタイルデザインを提案

これまで培ってきた知識と技術、それに自らの体験を総動員し、卒業に向けた研究が行われます。今までに、家具、ゲーム、遊具、映像、イベントやキャンペーン企画、実験的な装置、書籍、観察・研究報告書、論文、エッセイなどさまざまなテーマと形式でライフスタイルデザインが提案されました。

卒業作品展
4年間の集大成である卒業制作展。愛知美術館ギャラリー、名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋芸術大学西キャンパス(アート&デザインセンター)にて開催されます。

デザイン領域トップ