芸術学部 芸術学科 デザイン領域

テキスタイルデザインコース

カリキュラム

学部・大学院芸術学部 芸術学科 デザイン領域

1年次:ファンデーション

講義、実技の両面から基礎造形力の向上

〈デザイン実技I〉〈立体造形〉〈デザイン基礎演習〉〈デザイン概論〉〈デザイン史〉〈デザインレヴューI〉といった実技・演習、講義、展示・発表の総合的な内容によるファンデーションに加え、コンピュータ実技や外国語、その他の教養科目を選択して学修します。その上で、年度末のレヴュー展と同時に2年次以降のコース選択に臨みます。

ReView展
1年間の学びの集大成として、1~3年の学生が作品を展示発表。展示ブースに、全学生が制作した作品を展示する名芸大のデザイン領域の伝統行事。

2年次:「布をつくる方法」を習得

テキスタイルの基本的な知識や技術を学び、「布をつくる方法」を学びます。フエルトメイキングやペーパーメイキングで繊維素材の性質を理解し、型染でゆかた制作を、プリントでクッションを、織ではウールのマフラー制作を糸染めから行います。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

3年次:「布を活用する方法」を考察

2年生で得た知識や技術を応用し、「布を活用する方法」を考えます。織物組織でインテリア用の布、ロウ染でパネル制作を行います。「地場産業との連携」の授業では、大学近郊の工場で、帽子など布プロダクトの制作をします。

ReView展
2・3年生はコンセプトから展示手法まですべてを自主的に企画。

4年次:卒業制作

これまで学んできたことをベースに、染め、織り、プリント、テキスタイルプロダクト、テキスタイルアートなどの広義なテキスタイル領域から、自分の研究テーマを選択し、卒業制作を行います。

卒業作品展
4年間の集大成である卒業制作展。愛知美術館ギャラリー、名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋芸術大学西キャンパス(アート&デザインセンター)にて開催されます。

デザイン領域トップ