芸術学部 芸術学科

芸術教養領域コース概要

何者にもなれる君へ。

音楽は好きだけど、ミュージシャンになろうとは思わない。アートに興味津々だけど、芸術家を目指してるわけじゃない。自分で創るというより、いろんな素晴らしい芸術にふれ、聴いたり観たりしながら、自分の世界を深めるのが好き。そんな君に─その「好き」を、もっと広く、もっと濃く、まったく新しいアプローチから学んでみたいと思わないか。すぐ何かに役立てるために勉強するという考えをとび越え、芸術教養という新しい学問にふれ、発想力を伸ばすことで、自分をもっと大きな存在にすることができるのだから。

芸術教養領域 リベラルアーツコース誕生。

リベラルアーツとは

リベラルアーツとは「教養」の意味。現代社会で広く活躍できる知見と技術、思考力を備えたジェネラリストを育成する、時代が求める学びの領域です。専門性のみを追究するのでなく、芸術大学の中に「社会」を呼び入れ、複眼的なものの見方やコミュニケーションの力をつける学びを展開します。日本の芸術大学において、先駆的な学びがここから始まります。

5つのリテラシー

学びの基幹となるのが、5つのリテラシーです。芸術大学ならではの視聴覚(ヴィジュアル、サウンド)をはじめ、コミュニケーションに不可欠な言語(日本語、英語)および情報リテラシー。これらを修得し、少人数ゼミやプロジェクト型の授業を通してスキルを向上させ、発想する力や人・物事をコーディネートする力を伸ばすなど、多彩なカリキュラムを用意しています。

5つのリテラシー

社会で活きる教養を

私たちが教養教育に力を注ぐ理由の一つに、近年は芸大卒業後の活躍の場として、一般企業等に進む学生が増えている傾向があります。社会で求められる人材とは、専門性はもとより、きちんとコミュニケートできる人であることが第一です。芸術大学という空気の中で醸成する経験的な知+教養の知で、より幅のある人を育てていくことを目指しています。芸術の上に教養という知のレイヤーを修めた皆さんが、やがて社会に飛び立っていく─企画、広報、さまざまなプロジェクトや国内外のNGO・NPO等、活躍の場は実に多様です。その時に社会で必要な情報や言語を使いこなす力、文化を確かに理解する力、即ち教養が活きることに気づくでしょう。4年後のあなたは、どんなカタチで芸術と社会をつなぐのでしょうか。

NEWS & TOPICS

ニュース一覧