芸術学部 芸術学科 音楽領域

エンターテインメントディレクション&アートマネジメントコース

学生インタビュー

学部・大学院芸術学部 芸術学科 音楽領域

たくさんの人を感動させられる
舞台のプロフェッショナルになる。

音楽文化創造学科 エンターテインメントディレクションコース

三浦 晴香(三重県 大橋学園高校出身)

小学生の頃、授業のビデオで観た劇団四季のミュージカル「夢から覚めた夢」が舞台好きになったきっかけです。高校時代は名古屋演劇教室に通い、演技や舞台を支える裏方の魅力を知りました。教室の先生に演劇の心得を一から教えていただき、心から感謝しています。

私が名古屋芸術大学を選んだきっかけは、自分が将来就きたい職業についての専門技術が学べることと、専門学校の2年間ではなく、4年間じっくりと勉強したいと思ったから。専門学校と違って、楽器や演技を専門で学んでいる人たちが身近にいるのでとても刺激的です。

将来の夢は、舞台照明の仕事に就くことですが、音響も照明も企画も演出もできる舞台のプロフェッショナルになりたいです。そのために、舞台に関しては「できません」ということがないようにします。実は楽器の経験がなく、楽譜も読めないのですが、授業の中で克服していきたいです。

今は私を中心にチームを組み、オープンキャンパスの舞台制作に力を入れています。困ったことがあったらコース担当の森泉先生に相談するのですが、すぐに的確な指示をいただけます。やりたい!と思ったことをやらせていただける環境にとても感謝しています。4年間を通じて、たくさんの人を感動させられるミュージカルを自分の手で作り上げることが目標です。

アウトリーチ手法から学芸員資格まで。
大きな可能性にチャレンジできる
幅広いマネジメント力を取得。

音楽文化創造学科 アートマネジメントコース

大橋 佳世(愛知県 春日井東高校出身)

演奏と音楽文化は密接に結びついています。アウトリーチの授業で地域とつながる大切さを学んで企画にも興味を持つようになりました。可能性を広げたいと学芸員の資格も取得。アーティストが地域へ出向き音楽を届ける仕事もしてみたい。

音楽領域トップ