芸術学部 芸術学科 音楽領域

サウンドメディア・コンポジションコース コース概要

学部・大学院芸術学部 芸術学科 音楽領域

サウンドを形成する「音」を学び、
先端のデジタル技術と表現力を養います。

急速なテクノロジーの発達は、その影響を芸術全般にも大きく及ぼしています。本コースは、そうした流れを注視し、現代の音楽表現に必要不可欠なデジタル分野の技術や映像メディアとのコラボレーションなど、新たな発想による音楽教育を展開しています。また、さまざまなジャンルの音楽やサウンドを形成している「音」そのものについて学ぶとともに、音楽的、芸術的に優れた音とは何かを考察する能力や、さらに、音楽制作、録音、音響(PA/SR)を具現化する技術を修得。多彩なジャンルで活躍するクリエイターや、アーティスティックな発想をもったエンジニアなどの育成をめざします。

ポイント

  • 幅広いジャンルの音楽や音そのものについて幅広い視点で学びます。
  • 作曲・音楽制作や録音・音響などの技術を学び、音楽表現のスキルアップを図ります。
  • 社会に認知されるアーティストとして必要な感性を育てます。

将来の主な就職分野

  • サウンドクリエイター、コンポーザー
  • PA/SRエンジニア、音響デザイナー
  • レコーディングエンジニア
  • 放送・MAミキサー、音響効果

これまでの就職・進学実績

教授メッセージ

潜在能力を目覚めさせ、自由に発信しよう。

テクノロジーの発達により、様々な「音」が有機的に結合されつつある今、音楽業界で活躍するには幅広い知識、制作力、発想力、技術力、演奏力など、マルチな能力が求められています。 本コースでは、音楽に関する基礎知識、デジタル技術などを習得すると共に、実際の録音現場で実務にもふれ、各自の将来をめざしてアカデミックに学習を進めます。
サウンドにあふれた現代に生きる学生達は、驚くほどの潜在能力を持っています。私達スタッフはディスカッション、カウンセリングを通じてその力を引き出し、業界での経験を踏まえてアドバイスしたいと考えています。「音」に興味のある人は、この環境を生かして自由に創造・発信し、自らの可能性を広げてください。

サウンドメディア・コンポジションコース ホームページ

音楽領域トップ