NEWS & TOPICS

上海視覚芸術学院(中国)と本学の学術交流協定締結が決まりました!!

2014年9月15日、本学デザイン学部水内国際交流センター長、和田デザイン学部教授が上海視覚芸術学院を訪問しました。上海視覚芸術学院より、張同副学長はじめ関係者4名が出席し会談をした結果、両大学が学術交流協定を締結し提携校となることが決まりました。

 

上海視覚芸術学院は、中国上海にある2005年に開学した芸術系私立大学です。前身は中国の名門大学である复旦大学の芸術系学部で、復旦大学から独立する形で創立しました。キャンパスは上海市郊外の松江地区という学園都市の中にあり、面積67万㎡の広大な敷地があります。7つの学部(デザイン学部、ファッションデザイン学部、ニューメディアアート学部、美術学部、パフォーミングアート学部、文化創造工業マネジメント学部、基礎教育学部)があり、約4000名の学生が在籍しています。

上海視覚芸術学院では、企業と連携し世界中から招聘されたトップレベルのデザイナーやアーティストなどの専門家が、選抜された優秀な学生に直接指導をするという教育システムを導入するなど先進的な取り組みを多く行っており、世界からも注目されている大学です。また、国際的な連携を重視する大学であり、国際芸術デザイン大学連盟(Cumulus)※の加盟校でもあります。

 

協定の締結をきっかけとして、両大学間の研究・教育交流が更に推進されることが期待されます。

 

※1990年に設立された芸術/デザイン/メディア大学が加盟する世界最大規模の芸術系非営利連合組織。
本部は、フィンランドのヘルシンキ芸術デザイン大学。芸術・デザイン教育に関するノウハウの交換や研究・情報の共有、人的交流を目的としており、加盟校は世界40カ国、124校におよんでいる。
通例、年2回国際会議を開いており、とくにEU諸国においては、企業や国家と連携した会議も数多く主催している。現在はヨーロッパ、南北アメリカ、アジア、オセアニアと急速にそのネットワークを広げている。

 

 

上海視覚芸術学院公式ウェブサイト http://www.siva.edu.cn/