NEWS & TOPICS

日韓アートマネジメントシンポジウムのご案内

以下のとおり、日韓アートマネジメントシンポジウムを開催します。

日時/2015年3月30日(月)9:30〜17:00
会場/名古屋ガーデンパレス2階 翼の間
 名古屋市中区錦3-11-13
参加無料・申し込み不要

 

【開催にあたって】

一昨年の2013年5月、韓国の釜山にある新羅大学において「日韓アートマネジメントシンポジウム」が開催された。新羅大学の美術学部からのお誘いに、名古屋芸術大学のアートマネジメントコースがこたえるという形で実現したものである。

名古屋から参加した研究者たちは文化と学問の交流の意義の高さを釜山において実感することとなり、それが名古屋での第2回目のシンポジウムヘとつながることになった。今回は、日韓文化交流基金の助成金を頂き、また名古屋芸術大学の理解と協力のもとに企画されたもので、広くアートマネジメントを専門とする研究者たちにもご案内させて頂くこととなった。日韓の友好と学問の交流の場が、このシンポジウムで生まれることを心から期待するものである。

日韓アートマネジメントシンポジウム実行委員長  山田純

 

 

【シンポジウム内容】

韓国現代アートのリサーチ報告 釜山ビエンナーレと光州ビエンナーレ周辺から
Research Report of Korean Contemporary Art― From Around Busan Biennale and Gwangiu Biennale

――長田謙一 NAGATA Kenichi(名古屋芸術大学美術学部教授)
――須田真弘 SUDA Masahiro(名古屋芸術大学美術学部教授)
――梶田美香 KAJITA Mika(名古屋芸術大学音楽学部非常勤講師)

 

あいちトリエンナーレの過去と現在
The Past and the Present of Aichi Triennale

――拝戸雅彦 HAITO Masahiko(愛知県国際芸術祭推進室主任主査)

 

地域の価値を顕在化しつながりを醸成するデザインマネジメント
-名古屋芸術大学土と人のデザインプロジェクトから
Design Management for Finding Local Resources and Creating Relationships Within a Local Community
―From“ Land and Human Design ProieCtW at Nagoya University of Arts

―― 駒井貞治 KOMAI Sadaharu(名古屋芸術大学デザイン学部准教授)
――水内智英 MIZUUCHI Tomohide(名古屋芸術大学デザイン学部講師)

 

N―markの活動とアート&クリエイト・シェアビルディング
長者町トランジットビルと中川運河リミコライン・アートプロジェクトについて
N‐ mark Activity,Art and Create Share Building Chojyamachi TRANSIT BUILDING,Limicoline NAKAGAWA UNGA Art Project

―― 武藤勇 MUTO Isamu(N-mark代表、名古屋芸術大学デザイン学部非常勤

 

愛知県芸術劇場の取り組み
Reforms of Aichi Prefectual Art Theater

―― 林健次郎HAYASHI Kenjiro(愛知県芸術劇場広報・マーケテイング室チーフマネージャー、名古屋芸術大学音楽学部非常勤講師)

 

パブリックアートにおける公的関心と空間の美化
Pubic interest and Decorating the place in pubic art

―― ク・ボノ KOO Bonho(社団法人文化芸術人的資源開発センター事務局長、新羅大学校美術科非常勤講師)

 

釜山地域における融・複合文化空間の実態と展望
The current state prospect Of fusion and composite culture spaces in Busan

――― チョ・チャンミ CHO Chan Mi(新羅大学校芸術研究所研究員)

 

アートマネジメントの観点からみたプサンマル国際音楽祭
A Study on the current status of Busan Maru lnternational Music Festival from the art management perspective

―― ベク・ジンヒョン BACK Jin Hyoun(東西大学校教授)

 

日韓アートマネジメントシンポジウムのご案内
(
PDFでご覧いただけます。)