NEWS & TOPICS

名古屋芸術大学 保育士資格特例講座 募集について

 

保育士資格特例講座開設の目的

  平成24年8月、「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律」(平成24年法律第66号。以下「改正認定子ども園法」といいます。)により、「学校及び児童福祉施設としての法的位置づけを持つ単一の施設」として、新たな「幼保連携型認定こども園」が創設されました。新たな、「幼保連携型認定こども園」は学校教育と保育を一体的に提供する施設であるため、配置される職員としては「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方の免許・資格を有する「保育教諭」が位置づけられています。新たな「幼保連携型認定こども園」への円滑な移行を進めるため、改正認定こども園法の施行後5年間は、「幼稚園教諭免許状」又は「保育士資格」のいずれかを有していれば、「保育教諭」として勤務できる経過措置を設けておりますが、この間にもう一方の免許・資格を取得する必要があります。この経過措置を受け本学では、幼稚園教諭免許状のみを有する方の保育士取得が促進できるよう保育士資格取得特例講座を開設します。

講習コース

番号

特例開講教科名

単位数

開講日程

受講定員

相談支援

2

8月24日~27日 1~4限を予定

30名

乳児保育

2

1月12日~3月1日の各火曜日5・6限を予定

30名

保健と食と栄養

2

8月3・4・5・6・7・10・11日 1・2限を予定

30名

福祉と養護

2

1月9・16・23・30日の土曜日 1~4限を予定

30名

※保育士資格特例講座の募集要項とお申し込みは、以下のPDFファイルをご利用ください。

平成27年度 特例講座 募集要項(PDF)

平成27年度 特例講座 申込書(PDF)

平成27年度 特例講座受講票(PDF)