NEWS & TOPICS

2015年度前期来訪交歓留学生(美術・デザイン学部)の作品展が開催されました

挨拶をする国際交流センター長の水内智英氏(左)と留学生の皆さん(中央はセンター担当の加藤氏) 挨拶をする国際交流センター長の水内智英氏(左)と留学生の皆さん(中央はセンター担当の加藤氏)
Nattanart Boonyanuwat さんの作品 Nattanart Boonyanuwat さんの作品
Georgia Iris Cottington さんの作品 Georgia Iris Cottington さんの作品
Bethany Crawford さんの映像作品 Bethany Crawford さんの映像作品
Damon Owenさんの作品 Damon Owenさんの作品
Harry Butt さんの作品 Harry Butt さんの作品
George Jackson さんの作品 George Jackson さんの作品

2015年度前期に、美術・デザイン学部(本学西キャンパス)に交歓留学生として来訪した学生たちの作品展が、7月10日(金)~15日(水)まで、アート&デザインセンターギャラリーで開催されました。

 この展覧会は交歓留学生のアーティストたちが、この4月から4ヶ月間に亘り制作をした作品を集めた展覧会です。以前から専門としている分野、及び留学中に学んだ新たなアート・フォームやプロセスの展示になっています。

 初日の夕刻より同センターにおいて、オープニングセレモニーが開催されました。

まず、国際交流センター長の水内智英氏より挨拶が行われ、続いて、センターの担当者加藤氏から留学生が紹介され、一人ひとりから簡単な挨拶がありました。

本年度は、英国のブライトン大学から4名、ファルマス大学から1名、タイ国のキングモンクット工科大学から1名、合計6名の留学生が来学し、それぞれ専門のコースに所属して、本学講師の指導や学生たちの協力のもと、さまざまな日本文化や伝統に触発されながら作品を制作しました。

 

 <前期来訪交歓留学生の氏名(出身大学)本学における所属コース>は以下の通りです。

Harry Butt (ブライトン大学) メディア・デザイン・コース

Bethany Crawford (ブライトン大学) メディア・デザイン・コース

Georgia Iris Cottington (ブライトン大学) スペース・デザイン・コース

Damon Owen (ブライトン大学) 版画コース

George Jackson (ファルマス大学) アートクリエイター・コース

Nattanart Boonyanuwat (キングモンクット王立工科大学ラカバン校) 版画コース