NEWS & TOPICS

デザイン学部片岡祐司教授が、自動車技術会『2014年度技術部門貢献賞』を受賞!

本学デザイン学部インダストリアルデザインコースの片岡祐司教授が、公益社団法人自動車技術会より『2014年度技術部門貢献賞』を受賞しました。

 

「自動車技術会」は、自動車関係の技術者を中心に会員数5万名に及ぶ日本最大の学会で、50ほどの専門分野別の委員会、研究センターを持っており、片岡教授はその中のデザイン部門委員会に所属しています。

片岡教授は、このデザイン部門委員会の開設時の幹事を務め、シンポジュウムやフォーラム、オーガナイズドセッションの開催、その座長や司会なども務め、論文も多数発表されています。

また最近は、小中学生向けのデザインイベントや、中高生向けのデザインコンテストの開催にも積極的に参加しており、その長年に及ぶ活動が評価され、今回の受賞に至りました。
授賞式は8月21日の自動車技術会合同会議の中で行われました。
自動車のデザイン分野の発展に寄与する人材として、今後も期待されています。

 

2016年度より開設される新コース、「カーデザインコース」を片岡教授が担当します。
 ◎カーデザインコースの詳細は、以下をクリックしてご覧ください。
  →http://www.nua.ac.jp/design/product_space/car_course
  (名古屋芸術大学 デザイン学部カーデザインコースのHPです。)