NEWS & TOPICS

2015年度企画展「佐喜眞美術館のスタンス〜丸木位里・俊、ケーテ・コルヴィッツを中心に」展

2015年10月16日(金)~28日(水)
会期中無休
開館時間:12:15-18:00
     最終日は17:00まで
場所:アート&デザインセンター

 

戦後70年。私たちは今、戦争の記憶が風化していくことに切実な思いで向き合わねばなりません。争うことの悲惨さや愚かさを、自らが根ざす歴史の記憶としてとどめ、今ある平和の内実を受けとめること。戦争の悲惨さと平和の尊さを次の世代に伝えていくために、芸術はいかなる役割を担うことがで きるのでしょうか?
名古屋芸術大学では、平成27年度美術学部特別客員教授に佐喜眞美術館館長の佐喜眞道夫さんを招聘しました。先祖の土地が米軍基地となったことを契機に、20世紀前半のドイツを代表する女 流作家ケーテ・コルヴィッツなどの作品収集をはじめた佐喜眞さんは、後に沖縄の普天間基地の一部を取り戻し、まるで基地を〝押し返す”かのような場所に美術館を開設しました。そこには丸木位里・俊夫妻の大作「沖縄戦の図」が常設展示され、修学旅行での平和学習の場としても機能しています。 美術館コレクションに貫かれたテーマは、「生と死」「苦悩と救済」「人間と戦争」。
本展では、佐喜眞美術館の存在が問いかける〝スタンス”を、その収蔵品を通して紹介します。さらに 展覧会に関連して、学生たちへの講演やゼミも公開し、皆さんと共に戦争と平和、芸術の可能性につ いて考えたいと思います。

 

関連イベント

<特別講演会1> 「劫火」から「沖縄 うりずんの雨」までを語る
日時:2015年 9月24日(木)18:30~20:00
場所:西キャンパスB棟大講義室
講師:ジャン・ユンカーマン(ドキュメンタリー映画監督)
進行:高橋綾子(美術学部教授)

<特別講演会2> 原爆から沖縄戦へ−丸木位里・俊の絵画表現と戦争認識の変容
日時:2015年10月17日(土)14:00~16:00
場所:西キャンパスB棟大講義室
講師:小沢節子(近現代史研究者)

公開ゼミ1 『平和』の絵画を巡って~佐喜眞道夫と高・大生との対話~
日時:2015年10月18日(日)10:30~12:00
場所:名古屋芸術大学アート&デザインセンター

特別講演会3 沖縄に、戦後は訪れたのか~佐喜眞美術館のスタンス~
日時:2015年10月18日(日)14:00~15:30
場所:西キャンパスB棟大講義室
講師:佐喜眞道夫
※終了後、ギャラリーにて佐喜眞氏を囲んでのレセプションパーティを行います。

公開ゼミ2 版画に刻まれた祈り:ケーテ・コルヴィッツを語ろう
日時:2015年10月27日(火)16:30~18:00
場所:西キャンパスB棟視聴覚室
講師:長田謙一(美術学部教授) 、西村正幸(美術学部教授)
進行:美術学部美術文化コース学生

※講演会とゼミはすべて、入場無料、予約不要です。どなたでもご参加頂けます。