NEWS & TOPICS

名古屋芸術大学は津島市と包括連携協定締結、津島市との連携プロジェクト 「ふれあいバスの車窓から」報告会が津島市役所で実施されました。

本学では自治体や、高等学校、各種団体と連携協定を締結し、社会貢献活動をはじめとする様々な連携事業を行っています。

本学デザイン学部ヴィジュアルデザインコースが前期授業で実施していた「ふれあいバスの車窓から」の市長報告後に、「津島市と名古屋芸術大学との連携・協力に関する協定」を締結、調印式が10月15日(水)、津島市役所で行われました。

 本学と津島市との連携の始まりは2011年に遡ります。これまではデザイン学部ヴィジュアルデザインコースが以下の事業等を行ってきました。

 

■2011年  市民協働ガイドブック制作

■2012年  市民協働グッズ(エコバッグ)デザイン制作
 ↓詳しくはこちらのURLをご覧ください。
  http://www.nua.ac.jp/prog/detail.html?key=2169

■2013年 「つしまビジュアル化計画」
~ 津島の魅力を視覚化し、市民との交流を深めるイメージ作成
 ↓詳しくはこちらのURLをご覧ください。
 http://www.nua.ac.jp/headline/8541.html

■2014年 「ふれあいバスの車窓から」
~ 津島市が運行する巡回バスの利用促進イメージのヴィジュアル考察
 ↓詳しくはこちらのURLをご覧ください。
 http://www.nua.ac.jp/headline/10481.html

 

 また今年度(2015年度)も「ふれあいバスの車窓から」の利用促進イメージの考察については継続して行われ、連携協定調印式の前に、日比一昭津島市長、本学学長竹本義明をはじめ関係者が出席するなか、学生による作品の報告会が行われました。

なお、締結された協定の内容は次の通りです。
(1)地域のまちづくりの推進・活性化
(2)歴史文化を生かした地域振興
(3)文化芸術の振興
(4)教育の振興
(5)産業の振興
(6)観光の振興
(7)国際交流の推進
(8)その他必要と認める事項

今後は両者の連携を強め、相互のますますの発展につながる取組を進めていきます。