NEWS & TOPICS

本学がNHK名古屋放送局主催「パパママフェスティバル」に出演しました!

 2015年11月22日(日)に本学の各学部有志の学生6名と、本学の元短期大学の卒業生で現NHKキャスターの野田英里さんが、「パパママフェスティバル」に出演しました。
こちらのイベントはNHK名古屋放送局主催のイベントで、子ども向けに開催している演目の一環として本学が参加したものです。

  観客として来ていただいた130人余の子ども達と親御さんたちは、最初の手遊びから熱中し、絵本にも集中して熱心に聴いてくれました。

  音楽学部生のオープニング演奏から始まり、デザイン学部生の司会による挨拶と出演者の紹介がありました。
人間発達学部生3名が子どもたちと一緒に手遊びをした後、デザイン学部生が中心になって作成した「ヘンゼルとグレーテル」のタペストリーを使って、寸劇と読み聞かせで盛り上げました。最後にBGMつきの挨拶で締めくくり、終了しました。

  読み聞かせは、人間発達学部生だけでなく、デザイン学部生も音楽学部生も映像制作や演奏で参加した楽しいものになりました。実は、事前にNHKキャスターの野田さんに朗読のコツをしっかり伝授していただいていたのです。音楽学部生を中心としたBGMと効果音がおはなしを盛り上げ、面白く、ワクワクさせられる舞台を作り上げました。

 

 この舞台は、2013年度から本格的に始めた、「つなぐプロジェクト」のひとつ、「絵本読み聞かせ企画」の数々の実績から生まれた成果の一つです。各学部の特性を生かすため、「美術・デザインの学生が作った絵本を、人間発達の学生が朗読し、音楽の学生がBGMを付ける」という趣旨で始まった企画ですが、現在では、学生はジャンルを超えた役割にも挑戦し、より学部の垣根を超えた楽しい活動に発展しています。

 イベントで使われたタペストリーは、前週に長久手の愛・地球博記念公園内で行われた「リニモ沿線合同大学祭」でも子ども向けワークショップにも出品され好評を得ることができました。また、本学東キャンパス1号館1階のエントランス(吹き抜け)に、飾り付ける予定です。本学にお越しの際は、ぜひご覧ください。