NEWS & TOPICS

室内楽の夕べ2015 が開演されました

ヴァイオリン、クラリネット、ピアノのアンサンブル ヴァイオリン、クラリネット、ピアノのアンサンブル
サクソフォーンアンサンブル サクソフォーンアンサンブル
2台ピアノ演奏 2台ピアノ演奏

2015年11月12日(木)、名古屋市中区の電気文化会館ザ・コンサートホールで「室内楽の夕べ2015」(小編成の部)が開演されました。

今年度は、「ピアノの夕べ」と「室内楽の夕べ」を一夜で開催されたことで、盛りたくさんのプログラムとなりました。

出演者は学内のオーディションで選ばれ、このステージに向けて研鑽を積み重ねてきた学生たちです。

ピアノのソロでは味わうことのできない2台ピアノや連弾の華麗な響き、ドラマチックな表現、息を呑むような掛け合いが披露されました。また、ピアノも含めた室内楽では、フルートやクラリネット、ヴァイオリン、トランペット、」サクソフォーン、ホルンなど様々な編成のプログラムが演奏されました。会場は心地よい音色に包まれていました。

続いて、11月28日(土)には大編成の部が本学東キャンパス3号館ホールで開催されました。こちらはオーケストラ編成の演奏で、サクソフォーンオーケストラ・クラリネットオーケストラ・フルートオーケストラを中心に、パーカッションとブラスのアンサンブルも演奏されました。オーケストラの指揮は、サクソフォーンが三日月 孝、クラリネットが竹内 雅一、フルートは高木 直喜で、いずれも本学講師が執りました。

サクソフォーンオーケストラの演奏風景 サクソフォーンオーケストラの演奏風景
フルートオーケストラの演奏風景 フルートオーケストラの演奏風景

オーケストラの重厚かつ軽快な音色がホールイ一杯に響き、来場者には時を忘れる夕べとなりました。