NEWS & TOPICS

2015年度 後期交換留学生作品展 が行われました

挨拶をする留学生の Hugo Capron さん(左) 挨拶をする留学生の Hugo Capron さん(左)
同じく留学生の三輪桃子さん(左から2人目)  同じく留学生の三輪桃子さん(左から2人目)
留学生 Hugo Capron さんの作品 留学生 Hugo Capron さんの作品
留学生 三輪桃子 さんの作品 留学生 三輪桃子 さんの作品
同時開催された「えほんとかぐとことば展」オープニングの様子 同時開催された「えほんとかぐとことば展」オープニングの様子

2015年度後期に本学美術学部・デザイン学部に交換留学生として来訪した学生の作品展が、西キャンパスのアート&デザインセンターで、2015年12月11日(金)~12月16日(水)まで開催されました。

この展覧会は本学の学術交流提携校である海外の大学からの留学生が、本学での留学の集大成として作品を発表すること及び日本人学生と留学生との交流を目的として開催されています。

今期来訪したのは、フランスのディジョン国立美術学校からHugo Capronさん(大学院1年生で、本学美術学部美術研究科同時代表現研究<版画>所属)と、イギリスのファルマス大学から三輪桃子さん(大学1年生で、本学デザイン学部デザイン学科スペースデザインコース所属)のふたりです。

12月11日の初日に、同センターでオープニング・レセプションが行われ、国際交流センター長(代理)の挨拶の後、担当者から留学生が紹介され、ふたりの学生から簡単な挨拶がありました。

同センターでは、デザイン学部スペースデザインコースの「えほんとかぐとことば展」が同時開催された関係で、大勢の日本人学生が集まっていて、留学生を取り込んで、和気あいあいとした雰囲気の中で、レセプションは盛り上がりを見せていました。

期間中、作品展には本学関係者をはじめ大勢の方が訪れていました。