NEWS & TOPICS

官学連携活動 北名古屋市×名古屋芸術大学  市制10周年記念 ナンバープレートデザインコンペ最終審査が行われ、デザイン案が決定されました

2016年7月26日(火)、北名古屋市役所西庁舎の4階大会議室で、北名古屋市制10周年記念原付バイクナンバープレートデザインコンペの最終審査が実施され、本学デザイン学部の学生たちがデザイン案のプレゼンテーションを行いました。

このナンバープレートデザインコンペは、北名古屋市が10周年記念事業の一つとして、原付バイクのご当地プレートのデザインを募集しているもので、今年5月24日に北名古屋市からの説明会が本学で開催され、デザイン学部の学生たち(1~4年生)がそのデザイン制作に取り組んできました。

今回は最終審査で、6月21日に本学で行われた一次審査を通過した3人(組)の学生たちが、一次審査で指摘された修正点を反映させた内容について、そのコンセプトとデザイン案を、北名古屋市の審査員6名の方にプレゼンテーションしました。

最終審査で発表されたのは以下の作品になります。
◯メディアデザインコース3年 三浦翔大君
北名古屋市の花であるツツジをモチーフとした『愛されるまち』『未来への希望』をコンセプトにしたデザイン。


◯メディア・コミュニケーションデザインコース4年 藤本幸奈さん
『未来への飛躍』をテーマとし、『平和夏祭り』と『風船飛ばし』をモチーフにしたデザイン。


◯ヴィジュアルデザインコース3年 土松由依さん・保利みちるさん・馬暁娜さん3名のグループ
北名古屋市の木(木犀)と市の花(ツツジ)を使ってオリジナルキャラクター(キッツ)を制作し、芸術の町を表現したデザイン。

それぞれA4版の資料を審査員に配布して、原寸大デザイン案(A3ボード)を手に持って、2.3分の持ち時間でプレゼンをしました。

学生によるプレゼン終了後、15分程度の休憩がもたれ、その間に別室で審査員による協議が行われました。

再開した会議で、審査委員長より協議の結果と講評が発表され、今回のコンペでグランプリ賞となったのは、ヴィジュアルデザインコース3年土松由依さん・保利みちるさん・馬暁娜さん3名による作品となりました。また、三浦翔大君と藤本幸奈さんには、準グランプリ賞が贈られました。

受賞された皆さん、おめでとうございました。

なお、この原付バイクナンバープレートの新デザインは、今年末に実施される予定です。

最終審査会場の様子(手前:審査員の皆さん、右手:本学学生、左手:本学教員と市の司会担当者) 最終審査会場の様子(手前:審査員の皆さん、右手:本学学生、左手:本学教員と市の司会担当者)
最終審査会に出席した学生たち 最終審査会に出席した学生たち
三浦翔大君の発表 三浦翔大君の発表
藤本幸奈さんの発表 藤本幸奈さんの発表
土松由依さん・保利みちるさん・馬暁娜さん3名の発表 土松由依さん・保利みちるさん・馬暁娜さん3名の発表