NEWS & TOPICS

テキスタイルデザインコース 尾州毛織物プロジェクト2016 特別客員教授 宮浦晋哉氏によるデザインチェックが行われました

2016年10月11日(火)、西キャンパス、テキスタイル工房で産学連携「尾州毛織物プロジェクト2016」の一環で制作する毛織物のデザイン選考を行いました。テキスタイルデザインコースの3年生が受講するデザイン実技の講座で、地元尾州毛織物産業について理解を深め、学生がデザインした生地を実際に織物工房の織機を使って制作するというものです。できあがった生地は、「NUA textile Lab」の名称で12月16~21日に本学アート&デザインセンターで行われる展示会で展示されるほか、そのプレイベントとして12月8日に開催される宮浦晋哉氏と斎藤統氏(パリを拠点として活動。山本耀司氏のパリ拠点Yohji Europe社 社長、Issey Miyake Europe社 社長など歴任)の対談でも見ていただき、2017年2月8日~10日に宮浦晋哉氏が運営するセコリ荘で開かれるアパレル業者向けの展示会でも披露されることになります。多くのアパレル業者、ファッションデザイナー、インテリアデザイナーの目に触れることになり、目に留まるようなことになれば量産、商品化もありうる可能性に満ちたプロジェクトです。

 

学生たちは、これまでの授業で、一宮市にある(有)カナーレのションヘル織機(高速自動織機が登場する以前、明治大正期~1960年代頃まで使われていた織機。生産効率は低いものの、手織りの風合いを残した高品質のものが仕上がることが特徴)を見学、それぞれにイメージを膨らませ生地をデザインし、夏休みの間に手織り機でサンプルを制作してきました。今回の授業では、デザインのアイデアと試作したサンプルを、特別客員教授の宮浦晋哉氏と(有)カナーレの足立聖氏に見ていただき、実際に織機を使って生産するデザインを選ぶことを行いました。

授業の初めに宮浦氏から、「現在のテキスタイル業界は、形式的な製品が多くを占め、新しく面白いアイデアが出てきていません。若さや新しい発想に大きなチャンスがあります。学生らしく自由な発想で、これまで市場になかったようなユニークなデザインを期待しています」と説明がありました。

学生たちは、一人ひとりデザインのモチーフになった写真などと夏休み中に手織り機で試作したサンプル、さらに後期の授業で作成したサンプルを手に、プレゼンテーションを行いました。アイデアを得たモチーフの説明から始まり、色の調整や質感の変化など試行錯誤を繰り返したプロセス、デザインのポイントとなる部分について細かに説明しました。宮浦氏は、「コートの生地に使える」、「インテリアのファブリックとして面白い」など、具体的な生地の使い方を想定した上で市場性があるかを判断し、デザインの可能性を探ります。足立氏は、織機で織った場合に不都合はないか、織り方を変えることでより目的に適うものができるのではないかといった、技術的な面を確認しました。ときに厳しいアドバイスもありましたが、製品化を目標としているためで、このプロセスを経て学生たちの作品とコンセプトは、ブラッシュアップされていきました。選考のポイントとなったのは、前述の通り、これまでに市場に出回っていないようなフレッシュさと、商品として価値のあることで、学生が考えたコンセプトをできるだけ残しながら、市場性とのバランスが探られました。

 

選考は4時間以上に及び、学生それぞれ1点ずつの作品が選ばれて12月の展示会に向けて織機によるサンプル制作が行われることになりました。選考を終えて選ばれた作品を一望して宮浦氏は「コンセプトに学生それぞれの個性が出ているし、それに基づいてしっかりとオリジナリティのあるものができています。ポテンシャルがあり、面白くなりそう。既存のテキスタイルデザイナーにとっても刺激になるのではないか」と感想を述べました。制作に協力していただく足立氏は、「機械で織った場合、手で織ったサンプルと全く同じようにはなりません。機械と人間では違ってきますが、その違いを感じて欲しいです。自分が思っていたところと変わっていくところを検証してみて下さい」と、話しました。

 

今後、選ばれたデザインは、指摘を受けた部分にさらに試作を重ねて(有)カナーレにて生産を行います。できあがったサンプルは、12月8日に和室で開催される宮浦晋哉氏と斎藤統氏の対談、12月16日~アート&デザインセンターで開かれる展示会で披露する予定です。ぜひご覧下さい。

学生らしいユニークなデザインを期待しますという宮浦晋哉氏 学生らしいユニークなデザインを期待しますという宮浦晋哉氏
順番にプレゼンテーションする学生たち 順番にプレゼンテーションする学生たち
デザインソースの写真とコンセプト、手織り機で制作したサンプルを確認 デザインソースの写真とコンセプト、手織り機で制作したサンプルを確認
プレゼンテーションを聞く宮浦氏と(有)カナーレの足立聖氏 プレゼンテーションを聞く宮浦氏と(有)カナーレの足立聖氏
コンセプトをモチーフとした写真を使って説明する学生 コンセプトをモチーフとした写真を使って説明する学生
織り方や素材の選定についてなど、技術的な面もしっかりと検討 織り方や素材の選定についてなど、技術的な面もしっかりと検討
サンプルを手にとって質感を確認 サンプルを手にとって質感を確認
ドラゴンフルーツをモチーフに。これまで市場に出回っていないユニークな作品、16点が選ばれました ドラゴンフルーツをモチーフに。これまで市場に出回っていないユニークな作品、16点が選ばれました