NEWS & TOPICS

本学美術学部洋画2コース卒業の鈴木浩之氏がシェル美術賞を受賞

昭和シェル石油は10月20日、「シェル美術賞2016」の受賞・入選作品計53点を決定しました。

シェル美術賞は、国内の現代美術発展に寄与することを目的に1956年に創設。当初より完全な公募制を採用しており、現在は「若手作家の登竜門」として評価されています。

今年度は、570名の作家から791点の作品が集まりました。審査員長の本江邦夫氏(多摩美術大学教授)、審査員の能勢陽子氏(豊田市美術館学芸員)、島敦彦氏(愛知県美術館館長)、曽谷朝絵氏(アーティスト・第6回昭和シェル石油現代美術賞 グランプリ)の4名による審査が行われ、小川直樹さん(兵庫県)の「メモリアル」がグランプリに、本学美術学部洋画2コース卒業の鈴木浩之さん(東京都)の「無題」が60周年特別賞(曽谷朝絵賞)に選ばれました。

その他、審査員賞3点、審査員奨励賞3点を含む、計53点の受賞・入選作品が決定されました。作品は、12月7日から19日まで国立新美術館で開催する「シェル美術賞展2016」に展示し、会期中に表彰式が行われる予定です。

鈴木浩之さん、受賞おめでとうございました。

60周年特別賞(曽谷朝絵賞)受賞作品  鈴木 浩之 『無題』 60周年特別賞(曽谷朝絵賞)受賞作品  鈴木 浩之 『無題』