NEWS & TOPICS

瀧田家アートプロジェクト -トキヲムスブ- が開催されました

2016年10月23日()から11月6日(日)まで、愛知県常滑市の市指定有形文化財「廻船問屋瀧田家」で、本学美術学部アートクリエイターコース陶芸・ガラスクラスの学生、研究生、卒業生による展覧会「瀧田家アートプロジェクト-トキヲムスブ-」が開催されました。

この展覧会は陶芸とガラス、それぞれの制作に取り組む学生たちが、常滑という地で空間をテーマとして、人々の暮らしと共にあるヤキモノと、古くからそこに根付くモノづくりの精神、産地ならではの空気を感じ、主観と客観を織り交ぜた空間意識に富んだ展示に挑戦したものです。

展覧会の会場である「廻船問屋瀧田家」は、日本航空の重役を務めた瀧田あゆち氏の生家で、常滑市の指定有形文化財です。

作品は、主屋一階の座敷および二階に、また、離れの玄関前の庭と座敷、そして、主屋地下の石積み部屋にも展示されていました。

瀧田家が位置する周辺は、常滑やきもの散歩道のほぼ中央で、多くの窯屋が点在する風景と土蔵造りの商家が佇んでいます。

期間中は、マップを片手に工房やギャラリーを尋ねる二人ずれや、外国からの団体の旅行客など大勢の人たちが会場を訪れていました。

 

*出品者・作品名はPDFファイルをご参照ください。

瀧田家アートプロジェクト 出品者一覧

20161102152201

展示された作品の一例(以下同じ) 展示された作品の一例(以下同じ)

IMG_9040 IMG_9068 IMG_9074 IMG_9082IMG_9051