NEWS & TOPICS

ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団首席フルート奏者 ウィーン国立音楽大学 フルート科教授 ハンスゲオルグ・シュマイザー教授 フルート公開レッスン

日 時:2014年3月3日(月) 14:00~ 会 場:名古屋芸術大学2号館3F大アンサンブル室 曲 目:モーツァルト/フルート協奏曲第1番 ト長調 K.313 受講生:佐藤 千春(4年)     新野 智子(4年)     矢野 湧人(4年)     Pf. 秀平 雄二(研究生) 入場料:無料 ハンスゲオルグ・シュマイザー(Flute)Hansgeorg Schmeiser 1956年、オーストリアのグラーツに生まれる。 父が獣医、母が音楽家の家庭で、1968年からゴットフリート・ヘヒトル先生の下でフルートを学ぶ。 その後2年程アラン・マリオン氏の下で学ぶ。 1979~82年、グラーツのコンセルヴァトリウムでフルート講師。 1980~82年、ウィーン国立音楽大学で、ヴォルフガング・シュルツ氏に学ぶ。 1982年に優秀な成績で卒業後、ウィーン・フォルクスオーパー・ソロフルートとして現在まで活躍中。 また、1985年よりウィーン国立音楽大学でシュルツ教授のアシスタントとして多くの生徒を指導。 オーストリア内のソロ及び五重奏のコンクールで何度か入賞し、ソリスト並びに室内アンサンブルのコンサート活動の他、ラジオ、テレビ録音、ウィーン・フィル、ウィーン室内オーケストラでの演奏を行う。 ストゥディオ・ダ・カメラ、ベラムジカ、20世紀アンサンブル団員。 チロルのサンクトヨハン、及びザルツブルグのジュネスインターナショナルの講習会の運営委員、そして1992年よりノイベルガー音楽祭の講習会の会長を務める。 現在、ウィーン音楽大学教授。 お問い合わせ:名古屋芸術大学演奏課0568-24-5141 PDFでご覧いただけます