NEWS & TOPICS

2014年3月.音楽学部サウンドメディアコーストピックス!!

本学音楽学部音楽文化創造学科のサウンドメディアコースのトピックスを2つご紹介します。 【1.】コンサートイベントである「カレイドスコープ」が無事終了し、サウンドメディアコースのホームページで2つの発表作品の動画が掲載されました。 (以下、サウンドメディアコースのホームページ記事より。)  サウンドメディアコース、アートマネージメントコース、デザイン学部がコラボレーションし企画するイベント「カレイド・スコープ」を、2月27日に愛知芸術劇場小ホールで行いました。  サウンドメディアコースでは、楽曲制作、音響、録音を担当しましたが、普段取り組んでいる音楽制作の集大成の場であると共に、最先端のテクノロジーを駆使した実験的な音楽空間作りを目指して、コースが総力を上げて取り組みました。本年のカレイド・スコープは、国際的に活躍するドイツの作曲家 オリヴァー・シュネラ氏を招き、ヴィブラフォンとエレクトロニクス作品の披露と、コンサート前には公開講座を行い、新作、過去に制作したエレクトロニクス作品をどのように制作しているかについて講演頂き、充実した内容で終えることができました。  ご来場頂いたみなさんに感謝申し上げます。 ⇒サウンドメディアコースホームページはこちらをクリックしてご覧ください。 【2.】トーンマイスターワークショップ2014のレポートが、PROSOUND2014年4月号に掲載されました。 音響の業界トッププロとそれを目指す人のための専門誌PROSOUND(プロサウンド)2014年4月号に、本学音楽学部で2013年12月1日に開催されたトーンマイスターのワークショップのレポートが掲載されました。 (以下、雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」のホームページより。)  注目のコンサート、話題のレコーディング・スタジオ、放送局、映画館、劇場、ホールの音響システムについて、詳細に紹介。国内外の著名プロデューサー、エンジニアのインタビューや最新のSR機器、録音、再生機器などをいち早く取り上げて解説しています。どれをとっても本誌以外では接することのできない情報でいっぱいです。 ⇒雑誌「PROSOUND(プロサウンド)」の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。 サウンドメディアコースのホームページはこちら
カレイドスコープ2014の様子(2014年2月27日開催)
カレイドスコープ2014の様子(2014年2月27日開催)
トーンマイスターのワークショップの様子(2013年12月1日開催)
トーンマイスターのワークショップの様子(2013年12月1日開催)