NEWS & TOPICS

2014年度 名古屋市商店街連携支援事業 名古屋芸術大学と栄町商店街振興組合のコラボによる  「街なかで自然とくらしを楽しむワークショップ」が開催されました

 「名古屋市商店街連携支援事業」は、今年で3年目の取り組みです。2012年度より、本学と栄町商店街振興組合が連携して「街なかで自然とくらしを楽しむワークショップ」を開催しています。

 栄町の持つ歴史的意義、史跡や自然を市民の方々に再認識していただくこと、栄町商店街が目指してきている芸術性のある街にになることについて市民や学生のパワーが加わることによって大きな役割を果たすことができること、自然物によるアートを飾ることで栄町により好感と親しみを持っていただき商店街の活性化に寄与することが期待されます。

 

6月28日(土)、本年度第1回目が朝日神社研修室で開かれました。

 前半は、小学校教諭・校長そして愛知県立大学非常勤講師などを経て、現在岐阜市立看護学校非常勤講師を勤める近藤宏先生から季節の草花の実物を見ながら、くらしとのかかわりについてお話を聞きました。

タデ、クチナシ、ネジバナ、シャラの花、ヤマアジサイ、タイサンボク、ホタルブクロ、ナワシロイチゴ、ハンゲショウ、キハダ、クワと蚕、ドクダミ、グミ、テングサ、トコロテン、寒天などについて学びました。

 

 後半は、グリーンアドバイザーの大島紀子先生による、ゴーヤ・フウセンカズラ・オカワカメ・オキナワスズメウリなど蔓性植物の鉢植えやグリーンカーテンの上手な作り方のワークショップを実施しました。

 深めのプランターに8分目土を入れて苗を植えたら、十二分に水をやること、植え初めの2日ぐらいは直射日光を避け、底から溢れ出てくる水が土で濁っていないくらいになるまでたっぷり水遣りをすることと、苗が丈夫に育ってきたら、成長点を摘心して、脇芽を伸ばし、誘導していくことの大切さを学びました。

 栄の真ん中で、自然大好きな老若男女が40名、和気藹々と学び合いました。 自然は大人同士、大人と子どもも自然に結びつけるものですね。

 

[今後のスケジュール]

■第2回は11月8日(土)

13:30~14:30 11月の自然講話(講師:近藤宏)

14:30〜16:00 豪華でシックなドライフラワーリースづくり(講師:フラワーデザイナー/岩田ひさえ)

 ※第2回目のみ、教材費800円をご用意ください。

■第3回は12月20日(土)

13:30~14:30 12月の自然講話(講師:近藤宏)

14:30〜16:00 トロッケンクランツ(講師:堀井奈保美)

先生による、わらと木の実とボックリでつくる正月飾りづくり

 

※追加募集を行っています。参加をご希望の方は、

0526710279(担当:野原)まで ご氏名、所属、電話番号を添えて、FAXをご送付ください

・申込期限:7月末日

・参加費用:無料(※第2回目のみ、教材費800円をご用意ください。)

文責:ワークショップ実行委員

名芸大教員/鈴木、茶谷、野原

学生/松本、姫野、大西