NEWS & TOPICS

2014年度前期来訪交換留学生(美術・デザイン学部)の作品展が開催されました

挨拶をする水内氏(右)と5名の留学生。右から2人目は加藤氏 挨拶をする水内氏(右)と5名の留学生。右から2人目は加藤氏
Nadeen Mashiniさんの作品 Nadeen Mashiniさんの作品
Betsy Rose Bradleyさんの作品 Betsy Rose Bradleyさんの作品
Nuttida Krutpongさんの作品 Nuttida Krutpongさんの作品
Jessica Elizabeth Dyerさんの作品 Jessica Elizabeth Dyerさんの作品
Alice Claire Stewardsonさんの作品 Alice Claire Stewardsonさんの作品

 2014年度前期に、美術・デザイン学部(本学西キャンパス)に交換留学生として来訪した学生たちの作品展「GO」が、7月11日(金)~16日(水)まで、アート&デザインセンターギャラリーで開催されました。

 この展覧会は交歓留学生のアーティストたちが、この4月から4ヶ月間に亘り制作をした作品を集めた展覧会です。以前から専門としている分野、及び留学中に学んだ新たなアート・フォームやプロセスの展示になっています。

 初日の夕刻より同センターにおいて、オープニングセレモニーが開催されました。

まず、国際交流センター長の水内智英氏より挨拶が行われ、続いて、センターの担当者加藤氏から留学生一人ひとりの紹介がありました。

本年度は、英国のブライトン大学から4名、タイ国のキングモンクット工科大学から1名、合計5名の留学生が来学し、それぞれ専門のコースに所属して、本学講師の指導や学生たちの協力のもと、さまざまな日本文化や伝統に触発されながら作品を制作しました。

 展覧会には、彼女たちの集大成としての作品35点と、毛筆で書いた「書」なども展示されていました。

 

 PDFでご覧いただけます

交換留学生リスト