NEWS & TOPICS

3/9(木) 音楽領域 第44回卒業演奏会が行われました

2017年3月9日(木)、三井住友海上しらかわホール(名古屋市・伏見)で本学音楽学部の第44回卒業演奏会が行われました。

卒業演奏会は、出演者にとっては大学4年間に学んだ成果発表の場であるとともに、幼少期からの集大成の場ともいえます。音楽学部にとっては、各コースの教育成果を公表する特別な演奏会です。
本年度は、卒業試験で優秀な成績を修めた演奏学科の学生16名が出演し、独奏や独唱のかたちで舞台に臨みました。

プログラムは、3部構成で、序盤の第1部は電子オルガン(2名)からスタートして、ソプラノ、フルート、ソプラノ、サクソフォーンと続き、6名が出演しました。
第2部では、マリンバ、ピアノ、ソプラノ、ピアノ、ソプラノ独唱で5名が出演。
第3部は、バスクラリネットからピアノ、テノール、トランペット、ピアノと続き、5名が出演しました。

指導教員をはじめ、家族や友人らが客席から見守る中、日頃の練習の成果を十分に発揮するすばらしい演奏を披露してくれました。

一人ひとりが、独奏や独唱を終えるごとに、会場から惜しみない拍手が送られていました。

電子オルガン独奏 声楽独唱 サックス独奏 マリンバ独奏 ピアノ独奏 バスクラリネット独奏