NEWS & TOPICS

[産学連携事業]豊橋駅に大きさ3mの巨大カブトムシが来襲!!  コーカサスオオカブトの巨大オブジェを設置します

 本学と連携協定を締結している豊橋市自然史博物館の第32回特別企画展「武器甲虫-クワガタ、カブトの進化を探る-」が、7月14日に開幕しました。
 
 こちらを記念して、本学の学生と卒業生が製作した大きさ3mのコーカサスオオカブトのオブジェが豊橋駅東西自由連絡路に設置されます。
 

 コーカサスオオカブトは東南アジアに生息する体長が60~130mmのカブトムシで、黒光りする体に大きな3本の角を持っています。その勇壮な姿に違わぬ旺盛な闘争心を持つことから、世界最強のカブトムシの一つとも称されています。

 
 豊橋の玄関口に降り立った巨大カブトムシの雄姿をご覧ください。同時に、世界中の様々なカブトムシやクワガタムシに会いに、ぜひ自然史博物館へお越しください。

 

・設置場所:豊橋駅東西自由連絡通路(JR線・名鉄線改札口前)

・設置日時:平成29年7月19日(水) 16:00~

       ※設置開始時間は、都合により変更する場合があります。

・設置期間:平成29年7月19日(水)~平成29年8月31日(木)

・制作者:
  加藤 真浩 (名古屋芸術大学 卒業生)

  柴田 康平 (     同   卒業生)
  塚本 将慈 (     同   3年生)

  鈴木健士朗 (   同      3年生)
 
◎豊橋市自然史博物館からの報道発表資料はコチラ
29.07.14_豊橋市自然史博物館_報道発表資料

コーカサスオオカブト

コーカサスオオカブト