NEWS & TOPICS

「みんなが芸大生になる日 一日芸大生」を開催しました

夏休みの恒例行事「一日芸大生」を、2017年7月30日(日)に開催しました。一日芸大生は、小学生、中学生、一般の方々を西キャンパスに招き、体験講座を通してキャンパスライフを体験していただく催しです。美術領域、デザイン領域、それぞれの各コースが趣向を凝らした13の講座が開講されました。

当日は、あいにくの空模様となりましたが、受付が始まると同時に事前に申し込みを済ませた多くの参加者が受付ブースに集まりました。10時からの入学式は、美術領域はB棟大講義室、デザイン領域はG棟207教室で行われました。始めにそれぞれの領域主任から挨拶があり、デザイン領域主任 駒井教授からは「デザインというものは、誰かのために考えて創作することですが、今日は、自分のために、誰かのためならばその誰かが喜ぶことを考えて作ってみて下さい。自分がやってみたいことについては、講師とチューターにどんどん相談して下さい」との言葉がありました。引き続き、各講座の担当講師とチューターの紹介、スケジュールの説明が行われ、受講会場へと参加者を送り出しました。参加者は、教室に移動すると、担当講師からテーマや制作工程などの説明を受け、制作に取りかかりました。

 

ランチタイムは、講座ごとに学生食堂の席に着き特製ランチを楽しんでいただきました。最初は緊張気味だった子どもたちも、この頃にはすっかり仲良くなり、和やかな雰囲気となりました。講師やチューターのお兄さんやお姉さんから大学のことや授業の話を聞くなど、楽しいランチタイムを過ごしました。

午後からは保護者の皆さんを対象にした見学ツアーが開催され、担当講師による大学の説明や制作現場の見学が行われました。暑い中の移動となりましたが、講師の話に熱心に耳を傾けたり、教室の隅に置いてある学生たちの作品に感心する姿が見受けられました。

午後の授業になると制作にも慣れてきて、参加者たちは一層集中して制作に没頭していました。洋画コースを見学する保護者の方からは「こんなに子どもが集中して絵を描くのは初めて。集中して取り組むことができて良い体験になったと思います。参加して良かったです」などといった声が聞かれました。

授業の終了後には、この日制作した作品を持ち寄り卒業式が行われました。それぞれ、作品を大切そうに手にしている姿が印象的でした。各コースからの実施報告の後、講師から参加者全員に卒業証書が手渡され一日芸大生は終了となりました。一日芸大生は、来年も開催の予定です。ぜひご参加下さい。

 

当日行われた講座です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


受付の様子。雨の中、多くの方に参加いただきました

受付の様子。雨の中、多くの方に参加いただきました

デザイン領域の入学式。領域主任の挨拶の後、講師紹介、スケジュールの説明

デザイン領域の入学式。領域主任の挨拶の後、講師紹介、スケジュールの説明

日本画コース「透かし絵」

日本画コース「透かし絵」

洋画コース「絵画」

洋画コース「絵画」

アートクリエイターコース(彫刻)「彫刻」

アートクリエイターコース(彫刻)「彫刻」

アートクリエイターコース(ガラス)「ガラスアート」

アートクリエイターコース(ガラス)「ガラスアート」

アートクリエイターコース(陶芸)「陶芸」

アートクリエイターコース(陶芸)「陶芸」

アートクリエイターコース(版画)「紙版画」

アートクリエイターコース(版画)「紙版画」

アートクリエイターコース(コミュニケーションアート)「大きな羽根の制作」

アートクリエイターコース(コミュニケーションアート)「大きな羽根の制作」

メディアデザインコース「アニメーション制作」

メディアデザインコース「アニメーション制作」

インダストリアルデザインコース「プロダクトデザイン入門」

インダストリアルデザインコース「プロダクトデザイン入門」

スペースデザインコース「イスのデザインと制作」

スペースデザインコース「イスのデザインと制作」

メタル&ジュエリーデザインコース「時計制作」

メタル&ジュエリーデザインコース「時計制作」

テキスタイルデザインコース「染色体験」

テキスタイルデザインコース「染色体験」

ライフスタイルデザインコース「昆虫のデザイン」

ライフスタイルデザインコース「昆虫のデザイン」

卒業式。各コースからの報告の後、卒業証書が手渡されました

卒業式。各コースからの報告の後、卒業証書が手渡されました