NEWS & TOPICS

9/12-11/19 大原美術館にて ARKO2017 水野里奈(本学卒業生)が開催されます

 ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)は、大原美術館によるアーティストのレジデンス・プログラムです。 「若手作家の支援」「大原美術館の礎を築いた洋画家児島虎次郎の旧アトリエ:無為村荘の活用」「倉敷からの発信」の3点をコンセプトとして、 倉敷での滞在制作と、大原美術館での完成作品の公開を行います。
 
 本年度、50名程の応募者の中から選ばれた水野里奈(みずの りな)は、本学美術学部洋画2コースの卒業生です。水野は、中東の細密画の装飾性や、伊藤若冲の水墨画における筆致が持つ表現力に魅かれ、 それらを参照しながら複数の層が重なり合う緻密な絵画空間を作り上げ「見ても見切る事の出来ない」絵画の制作を目指してきました。
 
 ARKOでは、大原美術館の多数の所蔵品を対象に、その筆致や絵具の盛り上がりなどを念入りに考察し、それらの特徴を取り入れた大作を制作します。
作品公開ではこの大作とあわせて、複数の習作スケッチ等を公開します。


              

                   [開催期間]  2017年9月12日(火)~11月19日(日)

                   [開館時間]  9:00~17:00

                   [休館日] 月曜日

                   [会場] 大原美術館 本館第6室、第7室(予定)

                   [入館料] 通常入館料

                   一般1300円、大学生800円、高校~小学生500円
(RINA MIMUNO Newsより)
http://www.rinamizuno.com