NEWS & TOPICS

2/24(土) 茂登山清文教授が「アートに触れて広がる世界」でワークショップを開催します

本学芸術学部 芸術教養領域 リベラルアーツコースの茂登山清文先生(「視覚文化」「芸術の記号論」ほか)が、津島市民大学講座(アート特別講座)× つしまアートスケープ主催の「アートに触れて広がる世界」で、ワークショップを開催します。

「つしまアートスケープ」は、アートを通してまちに賑わいをつくる団体で、今回の講座では、第一線に携わる講師陣からアートの手法や表現を学ぶことで、価値観を広げ、世界を広げます。

関連企画として、ワークショップで撮影した写真の展示会も行います。

みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

■会場:津島市立図書館 2階 大集会室

■申し込み:津島市教育委員会 社会教育課 生涯学習グループ 0567-55-9421

*2018年1月9日(火)より申込受付開始

■定員:30名

■受講料:900円(全3回分)*講座初日にお持ちください

 

【全3回】

■2月17日(土)

ポピュラー音楽と芸術の相関関係 〜現代音楽のオルタナティブ〜

佐野正樹先生(有限会社ヴァイアル代表取締役・元名古屋芸術大学音楽学部 非常勤講師)

 ■2月24日(土)

スマホで撮るポートレイト写真 〜自分を撮る、互いを撮る、工夫して撮る〜

茂登山清文先生(名古屋芸術大学 芸術学部 芸術教養領域 リベラルアーツコース教授)

ネットにも街にも、写真はあふれています。人の顔を使った広告も多いですね。笑い顔、泣き顔、怒り顔、わかりやすい写真って何か物足りなくないですか。この講座では、写真を撮りながら、ちょっと考え、ひと工夫して、ふだんとは少しちがうポートレイト写真を撮ってみます。

*スマートフォンをご持参ください。

■3月3日(土)

現代アートってなんだろう 〜溶ける絵から見る表現の意味〜

大崎のぶゆき先生(愛知県芸術大学 美術学部 油画専攻准教授)

 

【関連企画】

展示会「スマホで撮ったポートレイト写真」

■場所:overcoffee(カフェ)

■期間:2018年3月13日(火)-4月1日(日) 

■企画:つしまアートスケープ

茂登山先生の講座「スマホで撮るポートレイト写真」で受講者が撮影した写真の展示会です(希望者のみ)。

!cid_7A3D1CFB-5AB2-4338-962A-D4C40DA933E7