NEWS & TOPICS

港まちづくり協議会で3つの展覧会を同時開催(2018年1月27日-3月17日)

名古屋の港まちにあるMinatomachi POTLUCK BUILDINGでは、芸術教養領域 リベラルアーツコース非常勤講師の古橋敬一先生(「地域文化論」)が参加されている港まちづくり協議会の主催で、さまざまな展覧会・ワークショップ・イベントが開かれています。

その一部として、1月末から3つの展覧会を同時開催!

展覧会に関連したワークショップやトークイベントも開かれます。

詳しくはこちら↓

www.minnatomachi.jp/event/tsukuru

 

 ■「流れついた本展港まちで出会う100冊

港まちに暮らす人、働く人、遊びに来ている人など、このまちに関わる100人の方々に「大切にしている1冊」を選んでいただき、ご本人のメッセージと共にご紹介しています。
会場:POTLUCK BUILDING 2F Project Space
協力:アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会

1516793696

 

■POTLUCK SCREENING
松本 力 映像展「本の話、本の町|Tale of Books, Town of Books」
松本の作品に度々登場する「本」をキーワードに選んだアニメーション作品の上映とともに、アニメーションの原画となるドローイングなどの資料展示を行います。
会場:POTLUCK BUILDING 3F Exhibition Space

 

■Botao Exhibition vol.12
今村遼佑 個展「くちなしとジャスミンのあいだで」
2016年より1年間滞在した、ワルシャワ(ポーランド)で制作した作品を中心に、ボタンギャラリーにて展覧会を開催します。
会場:Botao Gallery

 

会期・その他はいずれも:

■会期:2018年1月27日(土)-3月17日(土) 
■開館時間:11:00-19:00(入場は閉館の30分前まで)
■休館日:日曜・月曜・祝日
※2月14日(水)、2月28日(水)は2Fのみ13:00からご観覧いただけます。
■入場:無料
■主催:港まちづくり協議会

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)