NEWS & TOPICS

北名古屋市民芸術劇場「ザ・ベストテンコンサートⅧ」を開催しました!!

2018年1月14日(日)、本学と北名古屋市、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の共催で「北名古屋市民芸術劇場『ザ・ベストテンコンサートⅧ』」を開催しました。


当日は、「良い席で見たい!聴きたい!」というお客様の列が開演時間のかなり前から並び始め、やむを得ず予定時間よりも早く開場することになり、寒い中並んでいただいたお客様が入られた定員700名の会場は、たちまち立ち見が出るほどの満員となりました。

本ベルが鳴り開演時間。
公演に先立ち、北名古屋市の長瀬市長より「懐かしい音楽が披露される今日のステージを楽しんでいただき、元気になってお帰りください。」とのご挨拶をいただいた後、お客様とステージが一体となった懐かしい時代への幕開けとなりました。



今年で8年目となる「ザ・ベストテンコンサート」は、これまでの馴染みのプログラムを一新! 本学芸術学部 音楽領域 ミュージカルコースの学生や卒業生による「名古屋芸術大学ミュージカルカンパニー・ワン」が、「夜空のムコウ」、「いい日旅立ち」、「赤いスイートピー」、「六本木純情派」など、新しいナンバーを取り入れ、ソロやグループによる歌と迫力あるダンスを披露しました。

演奏は本学音楽学部ジャズ・ポップスコースの学生や卒業生を中心としたメンバーの「名古屋芸術大学Micky&His The Best Ten Band」。
バンドパフォーマンスコーナーでは昔ディスコで流行った楽曲と楽しいトークも織り交ぜてのステージで観客を沸かせました。

 
ステージ途中の休憩時間では、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社からのプレゼントを出演者が客席のみなさまに直接手渡し、お客様は思いがけないお年玉に大変喜んでいただけたようです。



また、今回はプログラムの中に「回想法コーナー」を設けました。
「回想法」とは、共催の北名古屋市が取り組んでいる健康法の一環です。

昔懐かしい生活用具などを用いて、かつて経験したことを楽しみながら皆で語り合うことによって、 脳を活性化させ、気持ち(心)を元気にする心理・社会的アプローチのことで、健康都市・北名古屋市では、この回想法を「思い出ふれあい事業」として、介護予防、認知症予防を目的に保健福祉の地域ケアに位置付け実施しています(北名古屋市役所「回想法」のホームページより)。

ベストテンコンサートで過去の曲を聴くことは、昔を懐かしむということで「回想法」につながる部分があるのでは…、というご指摘もあり、今回、北名古屋市で実施されてきた「回想法」をベストテンコンサートに取り入れてみよう、という意向で「回想法コーナー」をプログラムに盛り込みました。
出演者と会場の皆様が「悲しき口笛」と「東京キッド」を一緒に歌い、楽しみながら懐かしいひとときを過ごしていただきました。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、満員の客席からは惜しみない拍手が送られました。そのアンコールにお応えして「勝手にシンドバッド」などを披露しました。
アンコール曲演奏後も拍手は鳴り止まず、大盛況のうちに終演しました。


ご来場いただいた地域のみなさま、関係された皆さまに厚く御礼申し上げます。 ありがとうございました。


【当日の公演の様子】
IMG_1940 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート
18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート 18.01.14.北名古屋ベストテンコンサート