NEWS & TOPICS

旧加藤邸アートプロジェクト2018『記憶の庭で遊ぶ』 出品作家決定

北名古屋市内にある国登録有形文化財 旧加藤家住宅で開催する
「旧加藤邸アートプロジェクト」は、今回で9回目を迎えます。

6月27日の公募説明会(学内)78日の見学・レクチャー(現地)を経て、
720日に公募を締切り、

7月23日に審査員による審査の結果、
14名の出品者と2名の招待作家が決まりましたのでご報告いたします。

展覧会は121()9()の期間、開催いたします。

 

【出品作家と展示場所】

東大地 (美術学部アートクリエイターコース彫刻クラス3)・・・母屋 ざしき

伊藤みのり(美術学部アートクリエイターコースコミュニケーションアートクラス4)・・・はなれ 東縁

加藤遥香(芸術学部美術領域アートクリエイターコースコミュニケーションアートクラス2)・・・母屋 おかって

金山結華(美術学部アートクリエイターコース2014年度卒業)・・・母屋 北縁

近藤萌(美術学部アートクリエイターコースコミュニケーションアートクラス3)・・・母屋 ざしき

諏訪康広(美術学部アートクリエイターコースコミュニケーションアートクラス3)・・・母屋 仏間

中島麻琴(美術学部日本画コース3年)・・・母屋 台所

原加奈子(芸術学部美術領域アートクリエイターコースコミュニケーションアートクラス2)・・・はなれ北

細井奏見(美術学部アートクリエイターコース版画クラス3)・・・母屋 みせ

増岡美紀(美術学部日本画コース3)・・・母屋 南縁

武藤あやみ(芸術学部美術領域アートクリエイターコースコミュニケーションアートクラス2)・・・母屋 部屋

山本真弥圭(美術学部アートクリエイターコース2014年度卒業)・・・母屋 台所?

吉野英恵(芸術学部美術領域アートクリエイターコース陶芸クラス2)・・・母屋 庭

 

【招待作家】

中田ナオト(芸術学部美術領域アートクリエイターコース准教授) ・・・はなれ 茶室

 

企画:旧加藤邸アートプロジェクト2017運営委員会

      松岡徹(美術領域准教授)、中田ナオト(美術領域准教授)、臼井拓朗(デザイン領域講師)

       庄司達(造形作家)、西村正幸(画家)、市橋芳則(北名古屋市昭和日常博物館館長)]

主催:名古屋芸術大学美術領域、北名古屋市教育委員会

後援:名古屋芸術大学美術総合研究所、名古屋芸術大学後援会(予定)

 

「旧加藤邸アートプロジェクト2018」実行委員会

芸術学部美術領域アートクリエイターコース准教授 松岡 徹

395A6274
395A6378
「参考資料:2017年度の展示風景」