NEWS & TOPICS

日本オーディオ協会主催「学生の制作する音楽録音作品コンテスト」にて、本学卒業生の山下真澄さんが最優秀賞を受賞しました。

12月6日(木)
一般社団法人 日本オーディオ協会が主催「音の日」のイベントにて、
「学生の制作する音楽録音作品コンテスト」の授賞式が行われました。

その授賞式にて、
昨年度、音楽総合コース(サウンドメディア科目)を卒業した、
山下真澄さんの5.1ch作品、for(art)estが、最優秀賞に選ばれました。
https://www.phileweb.com/news/audio/201812/07/20442.html

今年で5回目となる本コンテストには、
本学始め、多くの音楽・音響系大学や専門学校からの応募がありました。

受賞した山下真澄さんの作品「for(art)est」は、
“森の中に人工物(アート)がある” というコンセプトで、
生楽器と電子的な楽器音と効果音といった内容で構成されました。

そのコンセプトから、山下さん自身で、作曲を行い、
ヴァイオリン、ビオラ、チェロと、自ら演奏したピアノを録音し、

シンセサイザーと対比・融合させながら、
生録での風の音や虫の声といった効果音を組み合わせ、独特の空間を作りました。


山下真澄さん おめでとうございました。

集合写真
「学生の制作する音楽録音作品コンテスト」
 ■最優秀賞
 作品名:for(art)est 山下真澄さん 昨年度 音楽総合コース(サウンドメディア科目卒業)