NEWS & TOPICS

人間発達学部 子ども発達学科「乳児保育1」の授業で指人形の製作を行いました

人間発達学部 子ども発達学科の
「乳児保育1」の授業で指人形の製作を行いました。

 

人形は子どもの心を動かし、
保育者(実習生)が人形を通して子どもに語りかけることによって、
子どもは人形が語っているように感じ、
人形との会話を楽しむことが出来ます。

screenshot


指人形はポケットに入れておけばいつでも取り出すことができ、
気軽に子どもに語りかけることが出来ます。

screenshot


今後は、紙パックの人形なども作る予定です。
そしてこれらの人形を使用し、保育に役立てていく予定です。

乳児保育にとって、言葉を育む上で、人形遊びは大きな役割を果たします。
保育所実習で今回製作した人形を役立て、
保育者になってからも活用してほしいと思います。

screenshot