NEWS & TOPICS

6月15日(土)「オリリズム Ⅳ:いま、なぜ手で織るのか/空間を彩る織作家12人展」のオープニングイベントが開催されました。

2019年6月15日(土)
『オリリズムⅣ いま、なぜ手で織るのか/空間を彩る織作家12人展』
オープニングイベントが、名古屋芸術大学アート&デザインセンターにて開催されました。

189fde9d459c3db9ed1057ebed1f402b-480x322


「オリリズム」とは、全国の若手織物作家達が、
Tapestry(タペストリー)の魅力と可能性を追求した作家のグループとして、
2009年に京都で行われた展示会を皮切りに活動がスタートしました。

今回の「オリリズムⅣ」は、活動開始から10周年となる記念すべき展覧会として
原点に立ち返り「いま、なぜ手で織るのか」をテーマに本学で開催されました。

13時10分より、本学B棟大講義室で、
オリリズムメンバー8名による、イギリスで行なった展覧会の報告などが行われ、
来場者は真剣な表情で発表に耳を傾けていました。

IMG_8863 2
扇千花 名古屋芸術大学テキスタイルデザインコース教授
「オリリズムⅣ 名古屋開催にあたって」

IMG_8865
榎本裕子 本展出品作家 名古屋芸術大学非常勤講師
「オリリズムについて」

IMG_8938 2
川嶋啓子 名古屋芸術大学非常勤講師 ギャラリーギャラリー主催 KICKTAC主催
「Tapestryとは」

【Here & Now展 参加作家による報告】
IMG_9003

伊藤藍 本展出品作家 京都造形芸術大学 倉敷芸術科学大学非常勤講師
「スリーフォード会場で実施したワークショップについて」

IMG_9072

酒井沙織 本展出品作家 近畿大学文芸学部非常勤講師
「スリーフォード会場で実施したワークショップについて」

IMG_9095

渡邉操 本展出品作家 神戸芸術工科大学助教
「バース会場・シンポジウムについて」

【Weaving New Worlds:Contemporary Tapestry展 参加作家による報告】
IMG_9163

堤加奈恵 オリリズムⅡ、Ⅲ出品作家 京都精華大学芸術学部非常勤講師
「ロンドン・ウィリアムモリスギャラリーでの展覧会について」

14時20分からは、本学アート&デザインセンターにて、
オープニングレセプションが行われ、
来場者が会場に入りきらないほどの盛況ぶりでした。

IMG_9233


2009年「オリリズム」発足当初、
4名の織作家のグループ展から始まった展覧会は、
国内、海外(イギリス・リトアニア)での展覧会を経て、
年を追うごとに活発になってきており、
今回は12名の織作家が参加しました。

IMG_9229

機械化、デジタル化が主流となった現代において、
あえて手で織ることを選択している織作家たちが、
それぞれの作品に対しての想いを語りました。

IMG_9398
岸田めぐみ 「夜更けの雨」

IMG_9442
鬼原美希 「Are you happy?」

IMG_9453
加國悠理 「夜間パレード」

IMG_9485
巽美由紀 「かわらない日々」

IMG_9493
貝塚惇観 「Moody seeds in the shell Ⅰ- Ⅱ」

IMG_9512
林搭子 「雨足」「cuaca 〜天気のはじまり〜」

IMG_9544
渡邉操 「AZURE」

IMG_9565
伊藤藍 「LONDON, London」

IMG_9586
岡田敦子 「It creates me.」

IMG_9588
酒井沙織 「STARGAZER」

IMG_9618
榎本祐子 「協調-1」「協調-2」「想像」

IMG_9631
中平美紗子 「BUBBLE」

東京、関西など全国各地から、多数の方々が来場され、
じっくりと作品を見つめる姿が印象的でした。


今回初めての名古屋開催である「オリリズムⅣ」を
大盛況のうちに終える事ができました。
ご来場いただきまいた皆様、誠にありがとうございました。