NEWS & TOPICS

音楽と現代美術のフェスティバル Assembridge NAGOYA 開催(2018年9月7日-11月10日)

アセンブリッジ名古屋2019

芸術教養領域 リベラルアーツコースの古橋敬一先生(「地域文化論」)が参加する
港まちづくり協議会がさまざまなイベントやプロジェクトを行っている名古屋の港まちでは、
今秋も、クラシック音楽と現代美術のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」が開催されます。

コンサートホールや美術館ではなく、
いつもの「まち」が会場となり、音楽や現代アートがあふれます。

また、2016年から継続しているアッセンブリッジ・ナゴヤ、アート部門では
「パノラマ庭園——移ろう地図、侵食する風景」をテーマに、
昨年から2年にわたり継続するプロジェクトを展開。
今年は名古屋港エリアに点在する複数の会場をつなぐ展覧会を開催します。

 

現代美術展『パノラマ庭園——移ろう地図、侵食する風景——』

■アーティスト:青崎伸孝、碓井ゆい、L PACK.、折元立身、 千葉正也、山本高之

■会期:2019年9月7日(土)-11月10日(日) *会期中の木-日曜・祝日に開場 

■開館時間:11:00-19:00

■休場日:月曜-水曜 

■会場:名古屋港 築地口エリア一帯、港まちポットラックビルほか

■入場:ブリッジパスが必要になります(700円)

■企画:服部浩之、青田真也、吉田有里

■主催:アッセンブリッジ ・ナゴヤ実行委員会

 

会期中には、アーティストトークやライブなどのイベントも行われます。

詳しくはこちらをごらんください↓

http://assembridge.nagoya/2019/program02.html

 

今後も、『なごやのみ(ん)なとまち』をコンセプトに、さまざまな取り組みを企画しています (^_^)