NEWS & TOPICS

絵本のちからを子どもたちに伝える「認定絵本士養成講座」

2020年度より愛知県で初めて本学で「認定絵本士養成講座」が開講されます。

対象は人間発達学部子ども発達学科の在学生。

この講座により得られる「認定絵本士」は絵本の知識を深め、
読み聞かせの技術を高め、さらには制作者視点を探求し感性を磨くため、

小学校や幼稚園、保育園の先生にとって「+αの強み」となります。

名古屋芸術大学では、芸術の環境を活かして
「絵本のちから」を将来の子ども達へ届けていきます。

認定絵本士チラシ

<講座について>

◆資格取得の流れ 

  1. 本学の認定絵本士養成講座科目(30科目)を履修
  2. 出席や課題提出、成績等の要件を満たし、必要な単位を1年間で修得して講座終了
  3. 認定絵本士の認定証を交付

◆受講料  無料(本学学生のみ受講可能)

◆講座科目  30科目

◆科目分野  1.知識を深める 2.技能を高める 3.感性を磨く

◆科目例 

1.知識を深める: 「絵本各論(歴史、絵本賞、視覚表現、言語表現、メディアなど)

「さまざまなジャンルの絵本(物語、昔話、童話、科学など)

「絵本と出会う(書店での出会い)

2.技能を高める: 「絵本の世界を広げる技術(絵本を探す、コンシェルジュ術など)

「絵本を紹介する技術(書評・紹介文の書き方など)

「おはなし会の手法」

3.感性を磨く  : 「心に寄り添う絵本」

「子供の心をとらえるもの」

「絵本が生まれる現場」


<認定絵本士養成講座について>

絵本専門士委員会事務局(国立青少年教育振興機構 教育事業部 企画課)

https://www.niye.go.jp/services/plan/ehon/nintei.html

 

◎以下より案内をPDFでご覧いただけます。
 →絵本のちからを子どもたちに伝える「認定絵本士養成講座」