NEWS & TOPICS

声優アクティングコース 1年生修了公演 「夢のその先へ」を開催

2019年12月22日、
東キャンパス3号館ホールにて、
声優アクティングコース1年生修了公演「夢のその先へ」を開催しました。

この公演は、声優アクティングコースの1年生が
これまでに学んだ成果を芝居と歌で披露する初めての舞台となります。

舞台は、2回公演となり、学生はAチームとBチームの2つにわかれ、
それぞれ、第1部 「応援団物語」(脚本 渡辺一正)を1時間、
第2部ライブステージを1時間と、盛りだくさん内容です。

第1部の「応援団物語」は、やる気のない1年生野球部員5人が、
女性ばかりの応援団へ強制的に入部させられるお話。

DSCN4378

嫌々ながら応援団に加わり特訓や応援をするうちに、
ものごとに真剣に取り組むことを学んでいくという熱血ストーリー。

コミカルに始まりやがて胸にじんとくる展開が、
声優アクティングコースの1年生たちの活動と重なって見えるようなところもあり、
学生たちの熱が伝わってくるような作品となりました。

DSC00133

第2部はライブステージ。テーマは、
名古屋で活躍するシンガーソングライター 袈裟丸裕介さんの「主人公」という曲。

オープニングで、出演者全員で歌います。
「♪誰だって主人公……」という歌詞が、
やはり学生たちにとてもマッチしています。

DSC00035

2曲目からは、ソロ、デュエットで、ステージにあがり、歌を披露しました。

DSCN4764

第1部の芝居から、舞台の音響と照明は、
エンターテインメントディレクション&アートマネジメントコースが担当し、
ことに第2部の歌とダンスは、音響と照明が非常に効果的で、大いに盛り上がりました。

DSC00051

Aチーム、Bチーム、それぞれ10曲ほどのパフォーマンス行い、
会場は元気な歌声と踊りに魅了されました。

会場には、出演者の友人や家族と思われる方々が多数見られ、
1年生公演ならではの温かい雰囲気に包まれ、
精一杯のパフォーマンスに惜しみない拍手が送られました。