NEWS & TOPICS

【受験生のみなさまへ】新型コロナウィルス感染防止のためのお願い

<試験前>

○日頃から、手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、身体的距離の確保、「三つの密」の回避などを行うとともに、バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠など、体調管理を心掛けてください。

○試験前日までに発熱・咳等の症状がある受験生はあらかじめ医療機関を受診してください。

○「新型コロナウイルスに罹患し、治癒していない者」、「試験日直前に保健所等から濃厚接触者に該当するとされた者」、「学校保健安全法施行規則で出席停止が定められている感染症(インフルエンザ等)に罹患し、治癒していない者」は受験できません。

<試験当日>

〇試験当日の検温で37.5度以上の熱がある場合は、受験を取り止めてください。

〇試験場で体調不良となった場合は、必ず試験監督者等に申し出てください。

○試験場では飲食時以外はマスクを必ず着用してください。着用したマスクは大学内のゴミ箱等に捨てずにお持ち帰りください。

○手指等を除菌できるシート、ジェル等の持参をお勧めします。試験場で昼食をとる場合には、食事前に必ず手指の消毒をお願いします。なお、昼食の有無は試験科目により異なるため、受験生個々へ連絡します。

○休憩時間等に換気のため試験室の窓を開放する場合があります。体感温度には個人差がありますので適宜、上着などを持参してください。

○保護者の控室・待合室はありません(送迎のための付き添いは可能ですが、試験場への入場はできません)。

※本学の入試は文部科学省より示された「令和3年度大学入学者選抜に係る新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のガイドライン」に基づき、出来る限り志願者の方が安全に受験できるような環境で実施します。特に、芸術学部芸術学科音楽領域声楽コースの試験科目「歌唱」では、飛沫防止フィルムの設置や密集を避けた大規模空間での実施等により、感染拡大防止措置を図って参ります。

2020年10月7日

名古屋芸術大学 広報部 学生募集チーム