2012.9.13 畑仕事

晩餐会プロジェクトに欠かせないのが「畑」の存在だ。
名古屋芸大周辺に住み、畑を持つ井上さんのご助力のもと、
学生たちは普段あまり関わることのない「畑仕事」に挑戦することになった。



耕作から始まり、種まき、苗付けなど、このプロジェクトに携わらなければ
経験することも無かったかもしれない作業の数々に驚き、知識を吸収する毎日。
お客さんのための料理を野菜を育てるところから始めるという体験は、
参加したメンバーの「もてなす」意識を日に日に高めていくこととなった。



井上さんに案内されて学生、先生の十数名で畑へ向かった。
そこには普段みている土よりも、ふかふかでさらさらな土があった。
この平な土地から何が育っていくのだろうか。
どんな風に野菜が成長するのだろうかと言う期待や良い想像で頭がいっぱいだった。
畑作業は体が痛くなる事もあったけれど、楽しかった。



芽が出る、根が腐る、葉が大きくなる等の様々な野菜の変化が
少しでも起きる度に私たちは一喜一憂していた。

(デザイン科1年/大野友歌)

◀前の記事へ   次の記事へ▶