2012.10.23 晩餐会当日を体感する報告会

服部さんを招いた報告会2回目となるこの日は、
実際に使うテーブルに現段階で決まっている置き方で
キャンドル・料理などをセッティングしたうえで講評がおこなわれた。
料理は、野菜ずし・大根サラダ・お茶を用意。



当日のタイムスケジュールや、会場・照明などの設備の確認、加えて広報用チラシとDMのチェックもしていただいた。
服部さんのアドバイスをもとに、晩餐会のデザインはさらに磨きがかかっていく。

私たち1年生は料理の担当となり、この日までにメニューの案出しや、
試作を何度か繰り返してきました。
報告会で他のものを担当していた先輩達の話を聞くと、
今までもやもやしていた晩餐会の全体イメージが少しずつ明確に見えてきてとてもわくわくしました。
そして、この報告会で晩餐会での料理の重要性を改めて認識し、
私たちがつくる料理ももっと良いものを作らなくちゃ!と感じ、
この日以降、1年生だけでもお昼に集まって話し合いをしたり、
毎日のように授業後、学内のキッチン工房に集まって試作を繰り返す日々。
課題との両立はとても大変だったけど、毎日充実していてとても楽しかったです。

(デザイン科1年/伊藤仁美)

◀前の記事へ   次の記事へ▶