2013.10.28 手作りのおもてなしを

取材先のひとつである「やきもの工房光」で、
上映会当日に料理をのせるための皿を作らせていただけることになったこの日。



エプロンをつけたメンバーたちが集まり、工房の高光子さんのご指導のもと皿作りを始めた。
今回は全部で34枚の皿を作ることが目標。
粘土をこね、成型し、表面が滑らかになるよう慎重に整える。
決められた時間の中で
手際よく1つの皿を作るという作業に参加したメンバーのまなざしは
真剣そのものだった。



みんなでワイワイと話しながらやきもの工房光へ。
入っていいのかなとためらっていると、光子さんが戸を開けて笑顔で迎えてくれました。
初めて触る土、初めて使う道具。



光子さんはキビキビと私たちに教えてまわり、途中で失敗しても笑って手伝ってくれました。
手と手でつくりあげたお皿。
どんな風に焼けるか楽しみです。

(デザインマネジメントコース2年/早川香織)

◀前の記事へ   次の記事へ▶