2013.11.9 念願の招待状完成

数日前からロゴの制作と同時進行で
招待状の制作がスタート。
上映会「ここのひとと」の招待状は、
今回このプロジェクトで出会えたここのひとたちと私達を繋ぐ、
大切な役割を果たすことになるのではないか。
その考えのもとに様々な案が出された。
そして上映会を19日に控えた11月9日、遂に招待状は完成。
タイトルが「ここのひとと」にもかかわらず、
完成した招待状の表には「ここのひと」のみが印刷されている。
実はなんと、
上映会当日に入場の印として「ここのひとと」の最後の一文字「と」の部分を
スタンプで押すことによって、
はじめて招待状が完成するしくみになっているのだ!
それに合わせて三幸写真製版さんには「と」のスタンプを作って頂いた。
当日の皆の反応が楽しみだ!



三幸写真製版
印刷に使う様々な素材に対応した版を扱っているお店。
ご主人の早川喜久一さんのご趣味は山登り。
そのための体力作りに、夜は名古屋芸大の近くまで散歩をしているそうだ。
お店には作った樹脂板、や亜鉛板が置かれている。

ここ数日間、ずっと招待状のことを考える日々。
どうやったら、皆や自分が納得できる招待状になるのだろう。
今回の最終目標である上映会を少し意識しつつ、
しかし、忘れてはいけない「ここのひとと」というタイトル。
メンバーと話し合いを重ねるうちに、上映会はあくまで形に過ぎず、
ここのひとと私たち学生が関わることや
それによって浮かびあがってくる地域の姿の方が大切なのではないか、と考え、
そして、それを表しているロゴを印象づけるような形で招待状を作りたいと考えました。
そこで先生がひとこと。
『「ここのひとと」が当日何か手を加えることで完成したらおもしろいよね。』
この言葉でさらに私たちの意見はまとまっていきました。そして、遂に完成!
この招待状でこの上映会が
少しでも地域の人にとって思い出に残るものになれば…と思う私たちでした!

(ヴィジュアルデザインコース 2年/植地春実)

◀前の記事へ   次の記事へ▶