教員紹介

菅原 美枝子(すがわら みえこ)

  • 菅原 美枝子

所属

  • 大学院 音楽研究科 器楽専攻
  • 芸術学部 芸術学科 音楽領域 鍵盤楽器コース(ピアノ)

職位/役職

教授

略歴

【学位】
芸術学士(音楽)

【学歴】
1974年 東京芸術大学音楽学部附属音楽高校ピアノ科卒業
1978年 東京芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業

【職歴】
1978年 名古屋芸術大学音楽学部勤務
現在  名古屋芸術大学芸術学部音楽領域鍵盤楽器コース教授

【社会活動】
・津・平和のための音楽会 副実行委員長
・日本ピアノ教育連盟東海支部運営委員
・日本ショパン協会中部支部幹事

研究活動

【専門分野】
クラシック音楽

【研究課題】
ピアノ奏法古典派の研究、ロマン派の研究、フランス音楽の研究

【所属学会】
・日本ピアノ教育連盟東海支部
・日本ショパン協会中部支部
・名古屋フランス音楽研究会

【研究業績】
これまでに津と名古屋にて、のべ21回のソロリサイタルを開催。

2019年11月には、津と名古屋にて、
演奏活動40周年記念
第12回菅原美枝子ピアノリサイタルを開催。

2021年5月ピティナ名古屋支部
上半期ピアノ指導法 シリーズセミナーにて第2回目の講師を務めた。

2013年には菅原美枝子 室内楽の夕べ〜デュオとトリオとカルテット〜を開催。

その他ピアノ協奏曲のソリスト、室内楽で活躍している。

【著  作】
朝日新聞社主催 モーツァルト没後200年ピアノ協奏曲全曲連続演奏会
1993年4月 第11回 CD  東京ムジカクライス管弦楽団
      〜名古屋舞台芸術協会〜  清田健一指揮
      ピアノ協奏曲 第15番 k.450
      ピアノ協奏曲 第16番 k.451

2016年4月 自分史(エッセイ)「バービーはピアニスト」(星湖舎)を出版。

【受  賞】
・名古屋市民会館主催、第7回新進演奏家紹介コンサートオーディションにて優秀賞受賞。

授業科目

音楽芸術基礎研究
演奏解釈Ⅰ
音楽表現実技(ピアノ)Ⅰ~
器楽基礎研究1(ピアノ 電子)
器楽基礎研究2(ピアノ 電子)
鍵盤楽器奏法演習-3
ピアノ応用実習Ⅰ
ピアノ応用実習Ⅱ

その他①

【企業の方へのメッセージ】
社会に出てもすぐに活躍できるように礼儀とマナーを徹底的に指導しています。必ずや満足していただける人材の育成に励んでおります。

【企業との共同研究を希望するテーマ】
現在のところ、ありません。

【講演可能なテーマ】
「生きることは愛すること・音楽すること」〜バービーはピアニスト〜
歌と演奏、そしてトークを入れた講演です。私自身の子育ての体験から、毎日の生活にエネルギーと感謝の気持ちが持てるようお話します。自然に愛情が湧き上がってくるでしょう。

【受験生の方へのメッセージ】
「レッスンは楽しい」を実感できるような指導を心掛けています。ユーモアを交えてわかりやすく指導しています。毎回一度は笑わせます。生徒のレベルに合わせ、どんな子でも自信がつくように懇切丁寧な指導を実践しています。