教員紹介

上野 栄美子(うえの えみこ)

  • 上野 栄美子

所属

  • 芸術学部 芸術学科 音楽領域 鍵盤楽器コース(ピアノ)

職位/役職

非常勤講師

略歴

名古屋市立菊里高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業
音楽学士

※名古屋音楽学校 講師
 財団法人 ヤマハ音楽振興会 JOC演奏指導講師(1991年4月~1997年3月)
※岐阜県立加納高等学校 音楽科
※名古屋市立菊里高等学校 音楽科
※名古屋芸術大学 音楽学部演奏学科、芸術学部芸術学科
※金城学院大学 文学部音楽芸術学科
                  非常勤講師 (※現在)
【社会活動】
・日本ピアノ教育連盟オーディション
・日本ショパン協会中部支部ピアノコンクール
・ヤマハピアノフェスティバル
・日本クラシックコンクール
・岐阜ピアノコンクール
 ...等の審査員を務めている

ヤマハピアノフェスティバル アドバイスレッスン
日本ピアノ教育連盟東海支部運営委員 (2008年~2018年)

研究活動

【専門分野】
クラシック音楽(ピアノ奏法・実技)
【研究課題】
ピアノ奏法、ピアノデュオ
【所属学会】
日本ショパン協会 中部支部 副支部長
公益財団法人 日本ピアノ教育連盟会員
【研究業績】
1.演奏会
1987年4月 第9回中部読売新人演奏会 愛知文化講堂
1987年12月 第2回中部読売推薦コンサート 名古屋市芸術創造センター
1988年3月 上野栄美子”88ヤマハピアノコンサート 一宮勤労福祉会館大ホール
1988年8月 第9回霧島国際音楽祭若い音楽家たちの演奏会 ホテル霧島キャッスル
1989年2月 第37回日演連推薦新人演奏会 名古屋市民会館 
1989年8月 第10回霧島国際音楽祭若い音楽家たちの演奏会 ホテル霧島キャッスル
1989年9月 Alma第1回演奏会「ロマン派の夕べ」 電気文化会館
1990年8月 市野千晶・上野栄美子ジョイントリサイタル 今池ガスホール
1992年4月 第13回新進演奏家紹介コンサート 名古屋市民会館中ホール
1992年7月 名フィルメンバー+αコンサート例会No.92 カワイ名古屋ショップ
1994年1月 ロムバス・サロンコンサート コミュニティサロン植田
1994年9月 喝采のコンサートNo.4上野栄美子ピアノリサイタル テレピアホール
1994年10月 第2回教員によるコンサート(加納高校) 岐阜市文化センター
1994年11月 第10回江南フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会 江南市民文化会館
1995年10月 第3回教員によるコンサート(加納高校) 県民ふれあい会館
1997年6月 ショパン協会会員によるピアノコンサート 電気文化会館
1998年8月 モスクワ国立音楽院国際サマースクールコンサート モスクワ音楽院
1999年4月 喝采のコンサート”99上野栄美子ピアノリサイタル 電気文化会館
2003年10月 上野栄美子ピアノリサイタル 電気文化会館
2005年3月 市野千晶・上野栄美子ピアノデュオリサイタル しらかわホール
2008年10月 上野栄美子ピアノリサイタル 電気文化会館
2009年10月 名古屋音楽学校新築移転記念アフタヌーンコンサート 
       名古屋音楽学校ホール
2010年6月 La Musica Sorridennte第15回ほほえみコンサート 
      大口町健康文化センター
2012年10月 La Musica Sorridennte第22回ほほえみコンサート 
      大口町健康文化センター
2017年10月 La Musica Sorridennte第38回ほほえみコンサート 
      大口町健康文化センター
 
【受  賞】
1979年9月  第33回全日本学生音楽コンクール 西日本大会中学校の部 入選
1981年9月  第35回全日本学生音楽コンクール 東海大会高等学校の部 
         第2位
1988年8月  第9回霧島国際音楽祭  奨励賞
1989年2月  第37回日本演奏連盟推薦新人演奏会  優賞
1989年8月  第10回霧島国際音楽祭  特別奨励賞
1991年12月 第13回新進演奏家紹介コンサートオーディション  最優秀賞
日本クラシックコンクール 優秀指導者賞

その他①

【講演可能なテーマ】
エチュードの活用の仕方(効率よく学習する方法について)
ピアノデュオについて
【受験生の方へのメッセージ】
ピアノは世の中全ての音楽をとりあえず自分の指から奏でる事ができる素晴らしい楽器です。もちろん全ての曲を勉強する事は出来ないけれど、先々ずっとピアノに関わっていくために大切な事、例えば自分の手や身体に合った音の出し方や様々な音色の作り方、楽譜の読み方等を大学生活の間に身につけてもらいたい。何か自分テーマを持つことが大切だと思います。
ピアノの音の美しさ、多彩さを感じてそれぞれの卒業後の人生でも長くピアノとともに過ごしたり、人にその良さを伝えていける人が増えていく事を願っています。