教員紹介

酒井 宏明(さかい ひろあき)

  • 酒井 宏明

所属

  • 人間発達学部 子ども発達学科

職位/役職

教授

略歴

昭和49年3月愛知教育大学教育学部卒業(教育学士)
昭和49年4月愛知県公立小学校教諭
昭和51年3月愛知教育大学教育専攻科修了
昭和51年4月愛知県公立小学校教諭
昭和56年3月愛知教育大学大学院教育学研究科修了(教育学修士)
昭和56年4月愛知県公立小学校教諭
平成15年3月名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程後期課程(学校情       報環境学講座教育方法学領域)単位取得退学
平成24年3月愛知県公立中学校校長退職
平成24年4月愛知教育大学・愛知県立芸術大学非常勤講師
平成25年10月東海学院大学人間関係学部客員准教授
平成26年4月東海学院大学短期大学部教授
平成28年4月名古屋芸術大学教授
【社会活動】
平成21年度愛知教育文化振興会理事
平成21年度愛知県教育振興会理事
平成23年度みよし市小中学校長会長
平成23年度みよし市教育基本計画策定委員会委員
平成24年社会福祉法人あゆみ会評議員(現在に至る)

研究活動

【専門分野】
教育方法学(授業分析)
教育実践史
教師教育学
【研究課題】
戦後新教育の展開
教師の力量を高める現職教育の在り方
【所属学会】
教育方法学会
全国地方教育史学会
【研究業績】
・中学校での授業実践の苦悩と可能性ーみよし市立北中学校の授業実践を例にしてー(雑誌「考える子ども」333号平成22年3月)
・活力ある学級づくりを目指した学校経営ーみよし市立北部小学校3年間の現職教育の取り組みー(名城大学教職センター紀要第8巻平成23年3月)
・校長は本気で授業研修を核とした学校づくりをしているのだろうか(雑誌「考える子ども」339号平成23年9月)
・愛知第二師範学校附属小学校の教育課程の変遷ー生活教育の成立と展開を中心としてー(全国地方教育史学会紀要「地方教育史研究」第33号平成24年5月)
・愛知県における戦後新教育実践の展開ー実験学校協議会の役割を中心としてー(東海学院大学短期大学部紀要41号平成27年4月
・愛知学芸大学附属春日井小学校のコア・カリキュラムの実践ー春日井プランの成立と展開を中心としてー東海学院大学短期大学部紀要42号平成28年3月)



【著  作】
・共著「愛知教育史年表(昭和61年~平成17年)」(愛知県総合教育センター平成22年3月)
・共著「教えることをどう学ぶか」(あいり出版平成23年3月)
・共著(代表執筆者)「新学習指導要領を見通した岡崎附属小の社会科・生活科の授業」(黎明書房平成23年6月)
・共著(代表執筆者)「学ぶ楽しさを生む授業・教師・学校をつくる」(黎明書房平成23年6月)
・共著「授業研究と授業の創造」(渓水社平成25年4月)

授業科目

教育原論
教育実習Ⅰ
教育実習Ⅱ
教育実習Ⅲ
教職実践演習(中・高)
大学生になる
特別活動論
日本語表現

その他①

【講演可能なテーマ】
教育者研修「教師の現職教育の在り方」「授業のつくりかた」
【受験生の方へのメッセージ】
大学での知的活動はその後の人生をきっと豊かなものにしていきます。芸術環境にも恵まれ、創造豊かな環境の中での自分探しはこの大学は最も適していると思っています。